デートでの注意点

婚活パーティーや婚活アプリで異性をデートに誘うタイミングを伝授します!

 

デートの誘い方

婚活アプリや婚活パーティーで知り合った異性をデートにどのタイミングで誘えばよいか悩みますよね?
誘うタイミングが適切でなく、せっかく勇気を出してデートに誘っても断られてしまうのもヘコみます。

さらにデートに誘うとして、どこに行って何をしたら良いのかを考えるのも頭が痛い問題です。

ダイキ
確かに悩ましい問題だね・・・
アヤ
あまり行きたくないところに誘われても、女性の返事としても悩ましいところね・・・

デートに誘うタイミングと内容が伴っていないと、約束を取り付けつけるのは難しいです。

そこでこのページでは、1回目のデートに誘う適切なタイミングとデートする場所を解説していきたいと思います。

デートに誘うタイミングはいつ?

婚活で知り合って、デートに誘うケースが発生するのは以下の2パターンです。

デートに誘う必要が生じる婚活

  1. 婚活サイト
  2. 婚活パーティー

上記に関しては自分から誘う必要があります。そして、このパターンの場合、ほぼ男性から誘う必要があると言っても過言ではないでしょう。
そのため、男性が率先してデートに誘いましょう。女性からのアプローチを待っていても事態は進展せず、ほかの男性とデートをしてしまいます。

女性の場合は、基本は脈があればいずれデートに誘われると思いますが、こちらが頑張らなければならないケースの場合は、下記を参考にしてみてください。

婚活サイトでのデートの誘い方

婚活サイトの場合は、

  1. マッチング
  2. メッセージのやり取り
  3. デート

の流れになります。

この流れの中で、デートに誘うタイミングは当然②になりますが、メッセージが交換できる状況になったら即デートに誘うのは関心しません。
マッチングは相手にしてみれば、

アヤ
ちょっとこの人と話してみたいな~

程度の温度感だからです。

そのため、メッセージが始まって、共通の話題を探りながら盛り上がってきたところでデートに誘うのが良いです。
目安として1週間~2週間程度は見ておきましょう。

当然、盛り上がるのが早ければ、上記よりも早く誘っても問題はありません。

婚活パーティーでのデートの誘い方

婚活パーティーの場合は婚活サイトと違い、デートに誘う速さが勝負です。
なぜなら婚活パーティーは

  1. パーティー会場で相手と直接話す
  2. マッチングする
  3. 連絡先を交換する

という流れだからです。

婚活サイトと違い、最初にリアルの場で出会い、話をして、相手気に入ってもらえているからこそマッチングしています。
そのため、この時点で脈ありです。

それなのに、連絡先だけ交換して、いつまで経ってもデートに誘わないなどは愚の骨頂です。
悩んでいる間に、他の婚活パーティーで別男性にデートに誘われてしまいます。

そのため、マッチングして連絡を交換する際に、普通に

来週にでもご飯を食べにいきませんか?

と打診するのが良いです。

婚活パーティーはスピード勝負ということを忘れないでください。

初デートで行く場所はよほどの例外がない限りはココがおすすめ

初デートで行く場所は、落ち着けるお店でランチデートが無難です。
時間も長く取らずに、2時間程度で切り上げるのが王道パターンとなります。

なぜなら、初デートはお互い緊張しているので、長時間は自分にも、そして相手にも負担になります。
そのため、2時間という時間制限です。

そして、ランチデートを推奨するのは、冷静に事を運ぶためです。
お酒を飲む席だと、酔っ払ってしまい、思わぬ失言をしてしまう可能性があります。
また、どんなに趣味等の話で事前に盛り上がっていたとしても、すぐ終わる内容なら良いですが、いきなり2人で長時間いることになると、上記の通り緊張をしているので、負担になってしまいます。

アヤ
確かに知り合ったばかりの人と2人で長時間はキツイかも・・・

上記の理由から初めてのデートはお酒が入らなく、かつ時間制限をしたランチデートがおすすめなのです。

初デートで選ぶのは避けたほうが良い場所やシチュエーション

初デートで避けたほうが良い場所やシチュエーションがあります。
例えば以下のようなケースです。

初デートで避けたほうが良い場所等

  1. お酒が入る場所
  2. 狭い密室で2人になってしまう場所
  3. 遠出

この3つは要注意です。

お酒は物凄く強くて何杯飲んでも酔いません!という方以外は、上記で解説した通り思わぬ失言を招いてしまう場合があるので、初回のデートでは基本オススメはしません。
失言が元で「良い人だな~」と今まで思われていたとしても、ダメになってしまう可能性があるため細心の注意が必要です。

狭い密室で2人になってしまう場所、例えばドライブやカラオケなども避けたほうが良いです。
上記でも解説しましたが、初回デートはお互い緊張しており、いきなりの密室はさらにその緊張を促進することになってしまうからです。
また、男性なら良いですが、女性から見ると、いきなり密室で2人っきりというのは警戒心を抱かせてしまうのです。

遠出に関しても、なかなかハードルが高いので避けたほうが良いです。
2人で長時間一緒にいなければならないので、途中で会話がなくなる可能性があります。
そうなると、相手に与える印象が「会話が盛り上がらないな~」という認識を与えてしまうことになるからです。

そのため、ハードルが低い場所(当サイトではランチデートを推奨)を選んで、デートにつなげることが重要なのです。

心理的なハードルはこの方法で下がっているので、うまく誘えたなら次は初めてのデートに備えましょう。

婚活で初デート|注意しなければならないポイントを解説します!

  婚活で出会った異性とデートの約束を取り付けて、いよいよ初デート。 緊張するけど、楽しみ! そんな初デートに浮かれてばかりもいられません。 というのも、婚活での初デートは相手も楽しみにして ...

続きを見る

実際に使った婚活アプリランキング

実際に婚活アプリを使った筆者が、「婚活の真剣度」「利用料金」「アプリの使いやすさ」などから選んだランキングです。

Omiaiなら20代後半から30代前半の女性と出会える

Omiaiは婚活に真剣な男女が多く集まるアプリです。利用者の数は非常に多く、累計で300万人以上が使っています。
私が初めて使った婚活アプリもOmiaiでここで彼女を作ることに成功しました。Omiaiはマッチングしやすいように、人気会員だけにいいね!が偏らないよう、ポイント制度を導入しているなど、ほかのアプリと比較すると出会える機会が多くなるのも良いところです。

無料会員でもアプリ内で異性を検索できるので、まずは登録してみて好みの異性がいないか確認してみましょう。

ゼクシィ縁結びなら婚活に本気の異性と出会える

結婚情報誌No'1のゼクシィが運営していることで知られる婚活アプリ「ゼクシィ縁結び」。
婚活アプリの特性としては、結婚情報誌が作っているだけあって、婚活に真剣な男女がこのサービスには集まっています。

いまなら、婚活成功保証プランもついているため、婚活アプリを使って相手が見つかるのか不安なアナタも安心してサービスを利用することができます。

累計1000万人が使ったPairsなら出会いが豊富

Pairsは国内最大のマッチングアプリで累計の利用者が1,000万人を突破しています。利用者だけでなくPairsを使ってお付き合いが始まったカップルも20万人以上いるので、かなりマッチングしやすいアプリです。利用者が多いということは、それだけ自分に合う異性が多いということに繋がります。

また、料金が他の婚活アプリと比較すると非常に安いということもプラスです。男性は婚活アプリの中で最安の料金設定、女性は無料で使えるというのは非常にうれしいポイントですね。

-デートでの注意点