デートでの注意点

婚活で出会った相手と3回目のデートは告白して付き合うことを目的としよう!

婚活で出会った異性と3回目のデートの約束ができたけど、そろそろ告白するべきなのか、まだデートを重ねたほうが良いのか悩むところですよね。

ただ、デートに3回も来てくれている時点で脈はかなりあるので、このタイミングで告白は決して早いという訳ではありません。
逆の立場で考えたときに、アナタは嫌いな相手に対して3回もデートに行こうと思いますか?思いませんよね。

上記のことから、アナタに対してかなりの好意を抱いているのです。

 

ただ、注意してほしいのは、1回目2回目と場数を踏んできて油断をしてしまい、3回目のデートですべてが台無しになる可能性もあります。

そうならないためにこのページでは、なぜ3回目のデートで告白するべきなのか、告白するためにどういったことを注意したら良いのかを解説していきます。

なぜ3回目のデートで告白をするのは、長引かせると脈がなくなるから

最初に、3回目のデートでなぜ告白したほうが良いのかを解説します。

結論をいうと、あまり長引かせると

アヤ
私は、話やすい友だちなのかな・・・

と思われてしまい、次第に脈がなくなっていくからです。

特に婚活では、お互い結婚相手の候補として会っているため、不用意に長引かせると、次に行ってしまいます。
また、その異性を狙っているのは、あなただけでなく、他の異性も狙っていることは忘れないでほしいです。うじうじ悩んでいる間に、他にいる良い感じの人に持っていかれてしまう可能性だってあります。

そのため、この3回目のデートのタイミングで告白するのが適しているのです。

2回目のデートから3回目のデートの間は短いほうがよい

上記で他に良い感じの人がいるかもと書いた通り、婚活をしている異性はアナタ以外にも多くの結婚相手の候補者と出会っています。

そのため、他の相手にデートの約束を入れられる前に、2回目のデートからあまり間を開けずに予定を入れたほうが良いです。
タイミング的には2回目のデートから1週間から2週間以内にしましょう。

他の候補者に付け入る隙を与えないためにも、早め早めの行動が身を結ぶのです。

デートの場所は最後に一工夫ほしい

告白をするので、いつもと違うぞと思わせたいのですが、以下の投稿で解説した通り、会話の流れで場所は決めてしまっていることがほとんどだと思います。

関連記事

婚活2回目のデート
婚活で出会った相手と2回目のデートで注意する点を徹底解説

1回目のデートでうまく盛り上がり、2回目のデートの約束を取り付けることが出来たけど、 どれくらいの時間デートをしたら良い? 何の話をしたら良い? もう告白したほうが良い? など、色々と悩むことが多いと ...

続きを見る

そのため、以下のようなデートコースになっていると思います。

  • 二人の共通の趣味ができる内容
  • 2回目のデートで会話の流れで行くことになった場所

両方とも、告白をできるような雰囲気の良い場所なら問題ないのですが、そうでないなら、デートの最後に

  • 静かな場所

に行けるように工夫しましょう。

告白するにしても、まわりがガヤガヤしていたら台無しです。そのため、デートの終盤にうまく相手を誘う必要があります。
誘う方法は

ダイキ
ちょっと、その辺りを散歩しない?

などで十分です。
ただ、あまり遅い時間にやってしまうと、変に警戒されるので早めの時間帯から行いましょう。
21時位までであれば、誘っても問題ないはずです。

3回目のデートでやってはいけない5つの注意点

ここまで、大きな流れを解説しましたが、デート中の注意点も解説しておきます。
告白を成功させるために絶対にやってはダメなことは以下の5つです。

注意ポイント

  1. 告白しない
  2. 予定の詰め込めすぎ
  3. 結婚に関して、具体的すぎる話
  4. 過度なスキンシップ
  5. 自分中心のデートプラン

これらがなぜダメなのか順を追って解説します。

告白しない

これは上記でも解説しましたが、婚活であまり長引かせると他の相手に取られてしまう可能性もありますし、何よりも相手から興味がないのかなと思われてしまう可能性があるからです。

3回目のデートで告白すると決めた以上、必ず実行しましょう。

予定の詰め込めすぎ

上記で解説しましたが、告白するための雰囲気を演出するために、あまり予定を詰め込みすぎるのも良くありません。

予定を詰め込み過ぎて相手もつかれてしまい、とても良い雰囲気になる状況でないというのは告白の成功率を下げてしまうからです。

以上のことから、3回目のデートはできるだけ余裕を持ったスケジューリングにしましょう。

結婚に関して、具体的すぎる話

告白するので、その先の話もしなきゃと思うかもしれませんが、現時点で結婚に関して深い話をする必要はありません。
現時点で付き合っていないのに、結婚の話は早すぎます。

この話題に関しては、付き合ってから、しばらく経過してからでも、全く問題はありません。

過度なスキンシップ

過度なスキンシップも逆効果です。

相手はまだアナタの恋人ではありません。過度にスキンシップをしてしまうと

アヤ
この人コワイ・・・

と思われてしまう可能性があります。

婚活で出会った相手だからこそ、結婚を見据えてこちらを観察しているので、謙虚な姿勢を忘れないようにしましょう。

自分中心のデートプラン

3回目のデートまで到達したアナタなら心配は少ないのですが、自分中心のデートプランを組むのはやめましょう。
デートは相手あってのものなので、お互いに楽しめるプランを立てるのが一番です。

よくあるパターンは

ダイキ
告白するから、高層階にある高級なレストランを予約してそこで良い雰囲気を作って・・・

と変に入れ込んでしまうことです。

確かに素敵なのですが、そこは相手の行きたい場所なのかをよくよく考えましょう。

告白は基本は男性からした方がスムーズ

最後に告白は男性女性どちらから切り出したほうが良いかという話ですが、これは男性から切り出したほうが良いです。

草食系男子、肉食系女子など色々な価値観が生まれていますが、ほとんどの女性は自分から告白するのは恥ずかしくて出来ないからです。
特に婚活となると

アヤ
自分から告白すると結婚焦ってると思わるかな・・・

と思ってしまい尻込みする女性もいるのが事実です。

ここは男性側がその恥ずかしい・照れる気持ちを引き受けて告白をしましょう。

 

最後にもう一度お伝えしますが、3回もデートに付き合ってくれるのであれば、アナタに好意を確実に抱いてくれているはずです。
そのため、変に恐れる必要はありません。

うまくいく可能性の方が高いので自信を持って告白をしてみましょう。
ウダウダして目の前の魅力的な異性を他の誰かに取られるほうが、精神的なダメージは大きいですよ。

-デートでの注意点