デートでの注意点

婚活で初デート|注意しなければならないポイントを解説します!

 

婚活で出会った異性とデートの約束を取り付けて、いよいよ初デート。
緊張するけど、楽しみ!

そんな初デートに浮かれてばかりもいられません。

というのも、婚活での初デートは相手も楽しみにしている反面、将来のパートナーとしてふさわしいかどうかという点も見られるからです。
普通の恋愛でも同じではあるのですが、将来を見越して相手と会うので、より厳しい目でお店のチョイスはもちろんのこと、待ち合わせ場所や会話の内容を精査されてしまいます。

そんなこと言われても、何に注意したら良いか判りませんよね?

そこで、このページでは、初デートで注意すべきポイントを解説していきます。
注意するべきところをキッチリおさえて、初デートを成功させましょう!

初デートはランチデートがおすすめ

初デートでおすすめな場所は以下で解説しています。
まだ見ていない方は、こちらを確認してみてください。

デートの誘い方
婚活パーティーや婚活アプリで異性をデートに誘うタイミングを伝授します!

  婚活アプリや婚活パーティーで知り合った異性をデートにどのタイミングで誘えばよいか悩みますよね? 誘うタイミングが適切でなく、せっかく勇気を出してデートに誘っても断られてしまうのもヘコみま ...

続きを見る

先に結論を言うと、ランチデートがおすすめです。

初デート時はお互いいいな~と思っている程度なので、お酒が入る、長時間一緒にいるなどはよくないです。

そのため、ランチデートが良いのです。
時間も2時間程度を目安に切り上げるのが良いです。

待ち合わせ場所は判りやすいところで

お店で直接待ち合わせるのも、駅から一緒にいく場合も注意があります。
それは、待ち合わせ場所が行きやすいか?相手を探しやすいかという点です。

例えば、ターミナル駅の改札などで待ち合わせをしてしまうと、人が多すぎて中々見つけられないケースが出てしまいます。

そのため、デートが始まる前から疲れてしまいます。

また、お店で直接待ち合わせるにしても、行くまでの道順が複雑なものだと、迷ってしまい、無事に辿りつけたとしてもテンションが下がってしまう恐れがあります。

アヤ
確かに女性は地理に得意な人があまりいないかも・・・

そのため、デート前には店に直接向かって見て行きやすいかどうかの確認や、ターミナル駅で待ち合わせする場合は、改札以外で合流しやすい場所はあるか?などを考えましょう。

デート中に絶対にやってはいけないことを3つのポイントで詳細に解説

さて無事に合流でき、いざデートが始まったとしても、その中でやってしまったら相手から2度目のデートは無いと思われてしまっては、いままでの苦労が水の泡です。

ダイキ
ここまでも苦労したのに、それだけは避けたい・・・

そこで、3つのポイントに絞り、やってはいけない事を解説していきます。

ポイント1:会話編

まずは、会話で相手から「この人ないわ~」と判断されるポイントを解説します。

会話での注意ポイント

  1. 自分の話しかしない
  2. 相手の話を聞いてない
  3. 愚痴が多い
  4. 声が小さい
  5. 相手の話を否定

これは、なんとなく判りますよね。
自分がもし、上記に該当する人と話をしなければならないと考えると、しんどくないですか?

ずっと相手が愚痴をしゃべっていて、たまにこちらが話をすると、全く聞いてる素振りもなく、しかもたまに聞いたかと思えば、否定。止めに声が小さくて、何を言っているのかもよくわからない。

ダイキ
もう帰らしてよ!

となりますよね。

会話の基本はキャッチボールです。相手の話を聞き、自分からも適度に話すことで会話のキャッチボールは成立します。

そして、相手を肯定してあげるだけで、ポジティブな気持ちになるので愚痴も出て難いです。

会話のダメなポイントを踏まないよう、上に書いた会話のキャッチボールを意識しましょう。

ポイント2:態度編

次に解説するのは態度です。日常的にやってしまっていることも、デートの日には意識してやらないようにしましょう。

態度での注意ポイント

  1. スマホいじり
  2. 周囲への態度が悪い
  3. 食事のマナーが最悪
  4. 遅刻

スマホいじりは、なんとなくしていませんか?
これは、相手の話よりもスマホに興味があるという意思表示になってしまうので、絶対にやめましょう。

また、店員に偉そうなどはもってのほかです。立場の弱い人に強く出る印象を与えてしまいます。
むしろいつもよりも丁寧に接する位がちょうど良いです。

また、食事のマナーが良くないのもいただけません、例えば

  • テーブル中に食べかすが散らかってる
  • 口をあけて「クチャクチャ」と音を出す

などが挙げられます。絶対にやらないように細心の注意を払いましょう。

また、最後に遅刻は絶対にダメです。
相手が「ほんとに今日来るのかな???」と不安になってしまいますし、雑に扱われている気持ちにもなります。

早めに到着して、その辺りで時間を潰しましょう。
ランチをする店への道を確認するのも良いと思います。

ポイント3:服装編

最後に服装です。注意したいのは以下の2点です。

服装での注意ポイント

  1. シワだらけの服やヨレヨレの服を来ている
  2. アクセサリーつけすぎ

シワやヨレヨレの服は論外です。
みすぼらしい印象とだらしない印象を与えてしまいます。

デートに着ていく服は必ずアイロンをかけましょう。

また、アクセサリーのつけすぎもNGです。
婚活での心構えは、清潔感の一言に尽きるからです。

アクセサリーの付けすぎは、威圧感お金がかかりそうなどマイナスに働く場合がほとんどなので、やめましょう。

また、服装については以下で詳しく解説しているので、まだ見て居ない方は、確認してみてください。

婚活服装
30代婚活でウケの良い服装を男性・女性別に解説

婚活を始めるにあたって、どんな服装で異性に会いにいけばよいか悩みませんか? アヤ悩む位だったら、いっそいつもの格好で婚活にいこうかな・・・ と、思ってしまう気持ちはわかりますが、アナタが普段している服 ...

続きを見る

 

男性はデート代はおごる気で望む

男性のアナタは、初回のデートは全ておごる気で望んでください。

女性からすると初回のデートから割り勘を求めて来る男性は

アヤ
セコっ!

と思う可能性があるからです。

特に1円単位で割り勘し始めると、目も当てられません。

そのため、男性がおごる気持ちで望んだほうが、地雷を踏まずに済むのです。

ただ、女性の中にも、金銭間隔や男女平等として考えている人が増えてきていますので、どうしても割り勘が嫌だという方もいます。

その場合は、6,000円会計なら4,000円は自分が多めに出すか、「次の食事で多めに出してください」等の対応をしておけば当たり障りがないです。

2回目のデートを意識して会話を続け、デート中に次の約束を!

上記までは、相手から拒否されないためのテクニックを解説してきましたが、ここからは攻めの戦法をお話します。

初デートで意識したいことは、2回目のデートにつなげるということを意識しましょう。

※話してみてどうしてもダメというなら、意識しなくても大丈夫です。

恐らく、初デートに至るまでに、色々と自分の趣味等を話して、興味が合いそうだからデートに至っていると思います。

まとめると、初デートで心がけたいことは

  1. 共通の話題で盛り上げる
  2. 2回目の約束をする

となります。

デート中はとにかく場が盛り上がるように進めていきましょう。今日、この場にいて良かったと思わせられたら勝ちです。
盛り上げると言っても、お笑い芸人のように笑わせるのが目的ではなく、共通の趣味などの話をしていき、話をしていて楽しいと思わせるのが目的です。

そして、その話題から次のデートの約束を取り付けることが目的となります。

アヤ
確かに話が盛り上がらないと次に会おうと思わないな・・・

例えば、

  • 映画が趣味なら、映画談義で盛り上げつつ、最新の映画見たからデートの約束を取り付ける
  • 美味しいものを食べるのが趣味なら、美味しい店を紹介しながら、相手の行ったことがない店へ誘ってみる

などが挙げられます。

また、注意点として、盛り上げるために自分の話ばかりしていてはダメです。
ちゃんと会話のキャッチボールをしながら、男性3:女性7くらいの割合で話を進められたらベターです。
女性のほうが話すことが好きな傾向にあるので、女性がやや多めに話すくらいの割合がちょうど良いです。

上記に注意しながら、2回目のデートにつなげていきましょう!

2回目のデートは1週間後、遅くても2週間以内に予定を入れよう

ここまでうまく事が運んだら、最後は2回目のデートの日取りを決めましょう。

見出しにある通り、1週間後遅くとも2週間以内が良いです。

なぜなら、最初に初デートは2時間程度の時間にするべきという話をしたと思います。
2回目のデートの約束をしてくれる時点で、

アヤ
もうちょっと話をしたいな

と相手も思っているはずです。

ただ、時間が経過するほど、この感情を忘れてしまいます。そのため、早めに設定することが重要なポイントとなります。

そのため、次の約束は1週間後遅くとも2週間以内が良いのです。

2回目のデートの時間は、状況によって臨機応変に設定しよう

初回のデートでは、2時間で切り上げることを推奨しました。
そうなると、2回目のデートはどれくらいの時間で切り上げたら良いのか気になりますよね。

実は、答えはありません。

というのも、登山がお互い趣味で次のデートは山へ行こうという話になったのであれば、丸一日費やすことになりますし、映画を見に行こうとなれば、上映後に軽く食事をして5時間といった時間になるからです。

そのため、2回目のデートに関しては、あまり何時間一緒に居ようと意識せずに、流れに任せてしまっても問題ないです。

ただ、泊まりになるようなデートは、ハードルが高いので断れてしまう可能性があるので、注意しましょう。

 

初デートがうまくいけば、2回目の約束を取り付けるのは案外かんたんです。
ここまで解説したポイントを心がけて、ぜひ次のデートにつなげてくださいね。

うまく、2回目のデートにこぎつけたあなたは、ぜひ以下のページも確認してください。

婚活2回目のデート
婚活で出会った相手と2回目のデートで注意する点を徹底解説

1回目のデートでうまく盛り上がり、2回目のデートの約束を取り付けることが出来たけど、 どれくらいの時間デートをしたら良い? 何の話をしたら良い? もう告白したほうが良い? など、色々と悩むことが多いと ...

続きを見る

実際に使った婚活アプリランキング

実際に婚活アプリを使った筆者が、「婚活の真剣度」「利用料金」「アプリの使いやすさ」などから選んだランキングです。

Omiaiなら20代後半から30代前半の女性と出会える

Omiaiは婚活に真剣な男女が多く集まるアプリです。利用者の数は非常に多く、累計で300万人以上が使っています。
私が初めて使った婚活アプリもOmiaiでここで彼女を作ることに成功しました。Omiaiはマッチングしやすいように、人気会員だけにいいね!が偏らないよう、ポイント制度を導入しているなど、ほかのアプリと比較すると出会える機会が多くなるのも良いところです。

無料会員でもアプリ内で異性を検索できるので、まずは登録してみて好みの異性がいないか確認してみましょう。

ゼクシィ縁結びなら婚活に本気の異性と出会える

結婚情報誌No'1のゼクシィが運営していることで知られる婚活アプリ「ゼクシィ縁結び」。
婚活アプリの特性としては、結婚情報誌が作っているだけあって、婚活に真剣な男女がこのサービスには集まっています。

いまなら、婚活成功保証プランもついているため、婚活アプリを使って相手が見つかるのか不安なアナタも安心してサービスを利用することができます。

累計1000万人が使ったPairsなら出会いが豊富

Pairsは国内最大のマッチングアプリで累計の利用者が1,000万人を突破しています。利用者だけでなくPairsを使ってお付き合いが始まったカップルも20万人以上いるので、かなりマッチングしやすいアプリです。利用者が多いということは、それだけ自分に合う異性が多いということに繋がります。

また、料金が他の婚活アプリと比較すると非常に安いということもプラスです。男性は婚活アプリの中で最安の料金設定、女性は無料で使えるというのは非常にうれしいポイントですね。

-デートでの注意点