実録!Omiai 出会いまでの道のり

Omiai実践記2週目|メッセージで盛り上がるポイントを見極め、デートの約束につなげる!

Omiai2週目アイキャッチ

Yくんの実践記、いよいよ2週目に入ってきました。
先週の時点でマッチングは18人、実際にメッセージが続いているの13人という結果となっています。

まだ、1週目の内容を確認してないよというアナタは以下から確認してみてください。

Omiai実践記1週目
Omiai実践記1週目|まずはいいね!を集めてマッチングしやすくする!

このページをご覧になられてるアナタは恐らく Omiaiって本当に女性に出会えるサービスなの? Omiaiやってるけどうまくいかない・・・ という人がほとんどではないでしょうか? 何の知識もないまま、マ ...

続きを見る

マッチングしても結局デートまでつなぐことが出来なかったら、それまで費やした時間はすべて無駄になってしまいます。
そして、どんなイケメンでいいね!を多く集めたとしても、ここでつまづいてしまっては、女性と出会うことはできません。

そんな中、Yくんはメッセージが続く13人から一体何人とデートにつなげることが出来るのでしょうか?

とさんざんハードルを上げましたが、ポイントを押さえていけば、普通にやるよりも高確率でデートにつなげることができることをご存じですか?
その手法を実際のYくんの実践記と共にデートにつなげるポイントをこのページでは解説してきます。

デートにつなげるために、とにかく共通の話題の深堀、褒めるを実践

1週目でもお伝えした通り、メッセージの基本は共通の話題の深堀とちょっとしたことで褒めることを心がけ、こちらのメッセージを質問で終わらせると思いのほか長くラリーを続けることが出来ます。

ただ、自分ではちゃんとやっているつもりでも、突然相手からのメッセージが返ってこないということが起こります。
そんなことにならないためにも、以下のポイントを押さえましょう!

注意したいポイント

  1. 文章量を適切にする
  2. 質問量を適切にする
  3. 返信タイミングを極力合わせる
  4. 名前や会話内容を間違える
  5. 相手を切れずに無理やりメッセージを続けてしまう
ダイキ
どうして、これを注意する必要があるんだろう?

何も解説せずに注意するのは難しいので、詳細を以下から解説していきます。

文章量を適切にする

文章量は、女性に合わせるのが重要です。
想像しながら読んでほしいのですが、自分が200文字しか送ってないのに、相手が5000文字くらいの情熱的なメッセージを送ってきたらどう思いますか?

ダイキ
うわ~うれしい!

とは思わず

ダイキ
こわっ!

と男性だって思います。
※中には特殊な人もいて、それがうれしいという女性もいますが、あくまでも万人受けするための手法を取っています。

では、こわっ!と思われないためにどうしたら良いかという話なのですが、答えは単純で女性が送ってきた文章量に合わせましょう。
女性が200文字送ってきたら、こちらも200文字前後で返すというのが適切です。

ただ変に上記を意識しすぎて、きっちり200文字で返す必要はありません。
あくまでも目安として考えていれば問題はないです。

質問量を適切にする

マッチングした女性のことをもっと知りたい!という気持ちはわかりますが、一回のメッセージで質問しすぎるのも良くありません。
例えば逆の立場だとして、女性から

アヤ

お仕事何やってるんですか?

趣味は?

休日の過ごし方は?

と一回のメッセージで何個も質問が来るとめんどくさいですよね。

これは女性側からしても一緒で一回のメッセージで何個も質問をぶつけてくる相手は、

アヤ
めんどくさっ!

と思われること間違いなしです。

そのため、一回のメッセージにつき、質問はひとつを意識してください。

返信タイミングを極力合わせる

返信のタイミングを合わせるのは非常に重要です。

相手はこちらがメッセージを送って、次の日の夜にメッセージを返信してくるというスタンスだったとします。
その相手に、メッセージが来たタイミングですぐに返信をしてしまうと、かなり温度感が違うな~という印象を与えてしまいます。

また、自分の返信が遅いのに、すぐに返信が来るというのは、相手に対して思った以上にプレッシャーがかかってしまいます。

逆も然りで、返信が早い相手に対して、こちらの返信が遅いと

アヤ
あれ、私にあんまり興味がないのかな・・・

と思われてしまうので、ある程度の返信の早さが必要になります。

 

上記のような形で、相手に合わせてたタイミングで返信をするように意識しましょう。

名前や会話内容を間違える

マッチング数が多くなってくるとやりがちなのが、相手の名前や会話内容を間違えてしまうことです。

私の後輩で20代後半の男性は、50人とマッチングし、メッセージのやり取りを続けた為に3人ほど名前を間違えてキレられたと言ってました。
これは彼だけでなく、マッチング数が多くなると返信しなければならないメッセージが溜まっていき焦った結果、起こりうることです。

対策は送る前に、もう一度確認をするというダブルチェックを欠かさず行うことで、事故率は減らすことができます。

相手を切れずに無理やりメッセージを続けてしまう

最後に紹介するこちらの内容は、マッチングアプリ初心者がやってしまいがちな内容です。
なんとかデートにつなげようとするあまり、無理やりメッセージをつなげようとする行為は、誰も幸せになりません。

話が盛り上がってないのに、無理やりデートまで漕ぎつけたところで、結局気まずい地獄のような時間が待っているだけです。
そうなってしまっては、結局アナタも会ってくれた女性も時間がもったいないと思って終了なのです。

そうならないためにも、メッセージである程度やり取りを続けて、話が盛り上がらないようなら連絡を取るのをやめましょう。

中には、

ダイキ
女性に対してそんな失礼なことできない!

と考える人もいるかもしれません。
ただ、マッチングアプリは女性も、話合わないな~と思うと黙ってフェードアウトしていくので、気にする必要はありません。
むしろ、「あなたと話していても盛り上がらないからメッセージやめましょう!」という方がよっぽど失礼です。

上記の理由から、合わないと思ったらメッセージのやり取りはやめましょう。
1週目の活動をしっかりしていれば、メッセージする女性はある程度いるはずなので、話が盛り上がっている女性に全力を注ぎましょう。

そんなにマッチングしていないし・・・
とお嘆きのアナタは、まだ読んでないのであれば、以下の記事を読んでみてください。マッチングのコツを解説しています。

Omiai実践記1週目
Omiai実践記1週目|まずはいいね!を集めてマッチングしやすくする!

このページをご覧になられてるアナタは恐らく Omiaiって本当に女性に出会えるサービスなの? Omiaiやってるけどうまくいかない・・・ という人がほとんどではないでしょうか? 何の知識もないまま、マ ...

続きを見る

デートの時間は、お酒の話で盛り上がってない限り、昼間が無難

首尾よくデートに誘える雰囲気になったら、勇気を出して誘ってみましょう。
1週間ほどメッセージで盛り上がっていたのであれば、きかっけがなくとも素直に

ダイキ
〇〇さんと、会ってお話がしたいのでご飯いきませんか?

でも問題なく食事に来てくれる可能性が高いです。
ただし、ベストなのは食べ物の話や居酒屋の話などの流れで自然に誘うのが良いです。

また、このタイミングで一点気を付けたいのが、基本デートは昼に誘うということです。
いくらメッセージで盛り上がっているとはいえ、これまで一度も会ったことがない相手に対して女性は大なり小なり警戒心を抱いています。
無理やり夜に誘って、警戒心MAXの状態で会うよりも、昼に会う提案の方が女性も安心するというものです。

ただ、ここでも例外があり、メッセージでお酒の話で盛り上がり、

ここのもつ鍋屋が美味しい→いきましょう!

のようなやり取りをしていた場合には、素直に夜で問題ないです。
夜にやってるもつ鍋屋がきっかけでデートに誘えたのに、営業時間外の昼に約束しては、女性が会う理由が無くなってしまいます。

まとめると、デートの基本は昼に、上記のような例外がある場合は夜に誘ってOKという認識でいれば大丈夫です。

デートの前はLINE交換のチャンス!教えて当然な理由をつくるテクニックを解説!

デートの約束が出来たら、LINE交換のチャンスです!

なぜなら、アプリしか連絡手段がないと待ち合わせ場所まで来ているのに全然会えないということが起こりえます。
また今回使っているOmiaiには通話機能というものはないため、当日すぐに連絡を取りたい際の連絡手段がないからです。

そのため、LINEを聞く口実が出来るのです。

大体の女性はデートが決まるとすんなりLINEを教えてくれますが、中には警戒して教えてくれない人もいます。
そんな時のために、ひとつ使えるテクニックとして

駅で待ち合わせる

があります。

このテクニックは非常にオススメです。というのも2つの理由があります。

  1. 店の席で待ち合わせるわけではないので、指定の場所で必ず会えるわけではない
  2. 万が一ドタキャンされたときに、店でひとり待ちぼうけという事態にならない

とくに2は、一回受けたことがありますが、かなり辛いものがあります。
コースを頼んでいた場合は、さすがにひとりで食べるには厳しいですよね。

そんな状況を防ぐ、LINEを聞く理由付けができるので、駅での待ち合わせはオススメです。

Yくんの実践の結果、3人とデートにいけることに

そんなこんなで、実践2週間を終えたYくんは、上記を意識しながら2回目のメッセージが続いた13人の女性とやりとりをした結果、

  • デートの約束:3人
  • メッセージのやり取りが続いている女性:3人
  • 切った切られた女性:7人

という結果になりました。

メッセージのやり取りが続いている女性は、まだ時間が短く誘える雰囲気ではなかったので、引き続きメッセージをしているという状況です。
デートの約束をした3人の女性の内1人は、お酒の話で盛り上がっていたため、初回から夜の約束となったそうです。

普通の男性でも、戦略的に動けばマッチングアプリで出会えるということが証明できたと思います。

ちなみに、Yくんは今回初めてマッチングアプリを使うので、練習と割り切って利用しているため、Omiaiポイントは少しだけしか購入してないかつ、ほぼ消費してしまったので、今週は新たなマッチングは増えていないようでした。

ただし、女性から貰えるいいね!は31まで伸びたので、さらにマッチングしやすくなっています。
そのため、Omiaiからログインでもらえるポイントで、積極的にいいね!を押していくように話をしておきました。

次の週はデートでのポイントを押さえながら、2回目のデートにつなげる方法解説していきます。

▽3週目はコチラからチェック▽

Omiai3週目アイキャッチ
Omiai実践記3週目|女性に実際会ってどんな子か見極めよう

  ついにYくんのOmiai実践記も3週目に突入です。 先週は3人の女性とデートの約束を取り付けることができましたが、実際にあってからが勝負です。 マッチングアプリで未来の彼女や結婚相手を見 ...

続きを見る

実際に使った婚活アプリランキング

実際に婚活アプリを使った筆者が、「婚活の真剣度」「利用料金」「アプリの使いやすさ」などから選んだランキングです。

Omiaiなら20代後半から30代前半の女性と出会える

Omiaiは婚活に真剣な男女が多く集まるアプリです。利用者の数は非常に多く、累計で300万人以上が使っています。
私が初めて使った婚活アプリもOmiaiでここで彼女を作ることに成功しました。Omiaiはマッチングしやすいように、人気会員だけにいいね!が偏らないよう、ポイント制度を導入しているなど、ほかのアプリと比較すると出会える機会が多くなるのも良いところです。

無料会員でもアプリ内で異性を検索できるので、まずは登録してみて好みの異性がいないか確認してみましょう。

ゼクシィ縁結びなら婚活に本気の異性と出会える

結婚情報誌No'1のゼクシィが運営していることで知られる婚活アプリ「ゼクシィ縁結び」。
婚活アプリの特性としては、結婚情報誌が作っているだけあって、婚活に真剣な男女がこのサービスには集まっています。

いまなら、婚活成功保証プランもついているため、婚活アプリを使って相手が見つかるのか不安なアナタも安心してサービスを利用することができます。

累計1000万人が使ったPairsなら出会いが豊富

Pairsは国内最大のマッチングアプリで累計の利用者が1,000万人を突破しています。利用者だけでなくPairsを使ってお付き合いが始まったカップルも20万人以上いるので、かなりマッチングしやすいアプリです。利用者が多いということは、それだけ自分に合う異性が多いということに繋がります。

また、料金が他の婚活アプリと比較すると非常に安いということもプラスです。男性は婚活アプリの中で最安の料金設定、女性は無料で使えるというのは非常にうれしいポイントですね。

-実録!Omiai 出会いまでの道のり