実録!Omiai 出会いまでの道のり

Omiai実践記3週目|女性に実際会ってどんな子か見極めよう

 

Omiai3週目アイキャッチ

ついにYくんのOmiai実践記も3週目に突入です。

先週は3人の女性とデートの約束を取り付けることができましたが、実際にあってからが勝負です。
マッチングアプリで未来の彼女や結婚相手を見つける目的で利用しているのであれば、デートはまだ道半ばだからです。

ここで、悪い印象を持たれてしまうと、当然2度目のデートに無いですし、逆に好印象を与えれば次につながります。
また、あなたにとってもそれは同様で、実際に会うと

ダイキ
あれ?なんか違う…

ということも十分にあり得ます。

上記のようなことにお互いならないように、最初のデートでは好印象を与えるように、また違うとわかったら必要以上に次に繋げないように注意する必要があります。

このページでは、相手に好印象を与える方法や、どうやって相手の女性を見極めていくかのポイントを解説していきます。

 

ちなみに、まだ1週目と2週目を読んでないあなたは、以下から確認してみてくださいね。

Omiai実践記1週目
Omiai実践記1週目|まずはいいね!を集めてマッチングしやすくする!

このページをご覧になられてるアナタは恐らく Omiaiって本当に女性に出会えるサービスなの? Omiaiやってるけどうまくいかない・・・ という人がほとんどではないでしょうか? 何の知識もないまま、マ ...

続きを見る

Omiai2週目アイキャッチ
Omiai実践記2週目|メッセージで盛り上がるポイントを見極め、デートの約束につなげる!

Yくんの実践記、いよいよ2週目に入ってきました。 先週の時点でマッチングは18人、実際にメッセージが続いているの13人という結果となっています。 まだ、1週目の内容を確認してないよというアナタは以下か ...

続きを見る

初回デートの服装は、奇抜な恰好ではなく年相応かつさわやかな印象を与えられるようにする

最初に注意したいのは、服装です。
相手から見て、

アヤ
うわー、この格好無いわー

と思われたら、残念ながらそこで塩間は終了してしまいます。

そうならないためにどうたら良いかというと、以下のポイントを押さえることが重要になります。

相手に不快感を与えない服装のポイント

  1. 奇抜な恰好をしない
  2. 休日のデートは出来ればジャケット着用
  3. 平日ならスーツ

上記を意識することが重要です。

とくに注意したいのは、奇抜な恰好。
例えば、デートの約束をした女性が、とんでもなく奇抜なファッション(あなたが思う奇抜なファッションを思い浮かべてください)をしていたら、嫌じゃないですか?
それは女性側も同様なので、なるべく爽やかさを演出できる服装が良いです。

ダイキ
爽やかさと言われてもどんな格好が良いのだろう…

と思わるかもしれませんが、答えは簡単でデートの日程が平日ならスーツ、土日ならジャケット着用をしておけばマイナス評価にはなりません。
どうしてもジャケットスタイルが嫌というあなたは、夏は綺麗目なシャツ、冬なら明るい色のセーターが良いでしょう。

とにかく、ここで減点を喰らうと、第一印象でこけてしまうことになるので、絶対に避けましょう。

服装に関しては、以下のページでも詳しく解説しているので、参考にしてください。

婚活服装
30代婚活でウケの良い服装を男性・女性別に解説

婚活を始めるにあたって、どんな服装で異性に会いにいけばよいか悩みませんか? アヤ悩む位だったら、いっそいつもの格好で婚活にいこうかな・・・ と、思ってしまう気持ちはわかりますが、アナタが普段している服 ...

続きを見る

デート中の会話はOmiaiのメッセージで盛り上がった内容でOK

第一印象で女性からマイナス評価を受けなければ、すんなり食事なりお茶なりできるでしょう。

ここで注意したいのが、変に力んで新しい話題を提供しようとすることです。
いきなり、新しい話題は盛り上がるかどうかもわからないでリスクが高いです。

そのため、下手なことはせずに、メッセージで盛り上がっていた話をしましょう。

ダイキ
それで盛り上がるの?

と思われるかもしれませんが、そもそも何かの話題をきっかけにデートの約束を取り付けているはずなのです。
そこで盛り上がり、

アヤ
この人と会ってみたい!

と思わせているので、下手な小細工は不要なのです。

どうしても新しい話題を相手の女性としてみたいと思うのであれば、あくまでも会話の流れでさりげなくおこないましょう。

どういう女性だったら、結婚したいのか事前に決めてデート中にそれとなく聞き出す

中に女性に探りを入れていくことも重要です。

今回Yくんは結婚相手を探すためにマッチングアプリを利用しました。
そのため、結婚相手として考えられない相手とダラダラ会うのは効率的ではありません。

このような状況を避けるために、結婚相手としてどういう人が良いか定義を決めておきましょう。
例えば、Yくんならこんな感じの相手であれば結婚相手として考えられると決めました。

ポイント

  1. 共働き賛成
  2. 子供がほしい
  3. 誰に対しても気が使える
  4. 正社員である
  5. ネガティブでない

※見た目ではなく、考え方や内面の条件です。

ここに至るまでに、もっと条件がありましたが、どうしても譲れない条件は何か?を考えてもらい、5つまで絞り込みをしました。

しっかりと条件を決めれば、明らかにこの条件に合わないと判断したら、その時点で次のデートの約束をしなければ、お互い時間を無駄にせずに済みます。
上記の判断をするためにも、結婚相手に求める条件は事前に決めていたほうが良いです。

ただ、中には初回で聞かないほうが良い内容もあるので、ちゃんと質問は選んでからしましょう。
ちなみに、初回デートでしないほうが良い質問は次の項目から解説していきます。

初回のデートで質問しない方が良い話や行為

RyanMcGuire/ Pixabay

初回のデートは、まだお互い様子見ということが多いです。

そのため、踏み込んだ質問や行為は絶対にNGです。
例えば、以下のような内容です。

初回デートでNGな質問

  1. 結婚全般の話
  2. 収入の話
  3. 積極的なスキンシップ

なぜ、これらがダメなのか順を追って説明していきます。

結婚全般の話

初回のデートで結婚の話はしない方が良いです。なぜならいきなりだと、内容が重いからです。

初めて会って、まだどういった人物かもイマイチわかっていないのに、いきなり人生を共にする結婚関連の話をされたら間違いなく思いです。
初めてあったのに、いきなり

ダイキ
僕は、結婚したら子供は2人はほしいな~

と言われたらどうでしょう?

アヤ
まだ、どんな人かも良く判らないのになんで子供の話してきた?

と思われてしまいます。

以上の状況を避けるためにも、初回デートの段階では関係構築に努めましょう。

収入の話

初回のデートでは収入の話は女性から男性にしてはNGという項目に挙げられがちですが、これは男性も同様です。

普通に考えたら判ると思いますが、初回のデートで

ダイキ
〇〇さんは、年収いくらなのかな?

と聞くと、どう考えても普通ではない印象を与えてしまいます。

絶対に初回のデートでは聞かないのは当然ですが、付き合うまではよほどのチャンスがない限りは聞かないほうが無難です。

積極的なスキンシップ

こちらもちょっと考えればわかると思いますが、初回のデートで積極的なスキンシップは取らない方が良いです。

あくまでも結婚相手を探しでマッチングアプリを使っているのであって、ワンナイトの相手を求めているわけではありません。
刹那的な関係にはなれるかもしれませんが、女性から結婚相手として見てほしかったら誠実さをアピールすることが一番です。
また、女性からしてみても、婚活目的で使っているのであれば、スキンシップを初回デートで積極的に取ってくる男性は、警戒心を抱かせますし、ただただ怖いという印象を与えてしまいます。

さらに、スキンシップがうまく行かなかった場合、最悪Omiaiの運営に報告されイエローカードをもらってしまう可能性があります。
そうなると、Omiai内ではもう女性に相手にされません。

以上のことから、初回デートに限らず、婚活目的でマッチングアプリを使っているならスキンシップではなく、誠実さで勝負していきましょう。

初回デートの際に意識したいことは2回目のデートの約束

上記で解説した項目を押さえて、次も会いたいなと思ったら、やるべきことは次回のデートの約束です。

なぜ、初回デートの際にデートの約束をする必要があるのかというと、盛り上がっていたほうが、相手のYesを引き出しやすいからです。
時間を空けてしまうと、相手が冷静になってしまい、次のデートの約束を取り付けることが難しくなるからです。

以上の理由から、初回デートで会話が盛り上がっている流れで次回のデートを設定するのがおすすめです。
例えば、映画の話題になっているのであれば、その流れで来週観に行こうという流れに持っていくなど、会話の流れで設定するのが良いでしょう、

マッチングアプリの初回デートが終わったあとにはLINEでお礼を伝える

初回のデートが終わったあとに忘れずにしておきたいのが、お礼のLINEです。

例えば営業をやっている人なら、営業先に訪問したあとに、お礼のメールを送ると思います。
それを、マッチングアプリでやればよいのです。

なぜ営業のみさなさんがお礼メールを送っているのかというと、丁寧・礼儀正しい印象が与えられますし、自社の商品が相手先の課題を解決できるアピールを追加で出来るからです。
これを、マッチングアプリでも行います。

ただ、最初のお礼は良いとして、マッチングアプリで出会った相手に自社の商品を売り込む?という話になると思いますが、ここは置き換えましょう。
置き換える内容は、自分を商品に見立てて売り込むに変更するのです。
例えば、こんな感じです。

ダイキ
今日は楽しかった、ありがとう!

〇〇ちゃんと趣味の話がメチャクチャ合うから時間を忘れてしまった!

次もたくさん話しよう!

最初の1行目はお礼、2行目は「あなたに合う人物であるということ」「あなたと一緒にいると楽しい理由」を伝えているLINE例となります。
これは、自分という商品が女性と一緒にいて楽しませることが出来るよ、ということを伝えているのです。

楽しませることだけではなく、ほかにも盛り上がりポイントがデートの際にあったのであれば、それに置き換えても問題ありません。

では、実際これらのテクニックを使ってYくんがどうなったのか、本人から聞いた話を見ていきましょう。

1人目Aさん:居酒屋デート

Yくんがマッチングアプリで初めて出会った女性でした。

元々、お酒の話で盛り上がっていたので、Yくんが知る焼き鳥の名店に誘ったようです。
相手の反応は上々でしたが、上記の質問をするわけでもなく、ただただお酒トークで盛り上がったのです。

盛り上がってはいたので、次はAさんのおすすめの店に行こうとなり、次週に再びデートの約束を取り付けることができました。

マッチングアプリで最初に会う相手かつ、お酒が入っているとこのように思うようにいかないということが良くあります。

2人目Mさん:ランチデート

続いては、土曜の昼間にランチデートの約束をしたMさん。
会ってみて、あれ?なにか違うとYくんは感じたそうで、ご飯を食べて早々に切り上げたそうです。

メッセージでは盛り上がっていても、実際会うと人見知りだったりということはわりとよくあることなので、実際に会ったらなんか違うということも良くあります。
良い方に転べば問題ないのですが、今回は悪い方に転がってしまったようです。

こういうことがあるため、何人もの相手に会って見極めるというのは重要になります。

3人目Aさん:カフェデート

そしてこの日、まさかのランチのあとにカフェデートを入れていたYくん。
このAさんは1人目と同じイニシャルというだけで別人です。

そしてまさかの、ここでもアレ?なんか違うとなったようで、1時間も経たずに早々に切り上げたとのことでした。

次週に続いた人は1人、新たなデートの約束は1人

3週目の動きをまとめると、デート出来た人数は3人いたのですが、結局つながったのは一人だけという結果になりました。

しかし、前週から続けていた新しい女性ともデートの約束をしていたので、次週は2人と会うことが決まっています。
来週でちょうどOmiaiを初めて一か月経過しますが、Yくんは未来の奥様を見つけることが出来るのでしょうか?

ちなみに、YくんはOmiaiは一か月でやめる決意をしており、次はPairsで同じことをやるそうです。(笑)

▽1か月経過時点でどうなるのかは、こちらからチェック▽

Omiai4週目アイキャッチ
Omiai実践記4週目|1か月で奇跡が起こる!

YくんのOmiaiでの婚活も始まって1か月経ちました。 何度か女性とデートを重ねて場慣れもしてきたところです。 今週は2人の女性とデートの約束があります。 ひとりは先週も会ったAさん、もうひとりは新規 ...

続きを見る

実際に使った婚活アプリランキング

実際に婚活アプリを使った筆者が、「婚活の真剣度」「利用料金」「アプリの使いやすさ」などから選んだランキングです。

Omiaiなら20代後半から30代前半の女性と出会える

Omiaiは婚活に真剣な男女が多く集まるアプリです。利用者の数は非常に多く、累計で300万人以上が使っています。
私が初めて使った婚活アプリもOmiaiでここで彼女を作ることに成功しました。Omiaiはマッチングしやすいように、人気会員だけにいいね!が偏らないよう、ポイント制度を導入しているなど、ほかのアプリと比較すると出会える機会が多くなるのも良いところです。

無料会員でもアプリ内で異性を検索できるので、まずは登録してみて好みの異性がいないか確認してみましょう。

ゼクシィ縁結びなら婚活に本気の異性と出会える

結婚情報誌No'1のゼクシィが運営していることで知られる婚活アプリ「ゼクシィ縁結び」。
婚活アプリの特性としては、結婚情報誌が作っているだけあって、婚活に真剣な男女がこのサービスには集まっています。

いまなら、婚活成功保証プランもついているため、婚活アプリを使って相手が見つかるのか不安なアナタも安心してサービスを利用することができます。

累計1000万人が使ったPairsなら出会いが豊富

Pairsは国内最大のマッチングアプリで累計の利用者が1,000万人を突破しています。利用者だけでなくPairsを使ってお付き合いが始まったカップルも20万人以上いるので、かなりマッチングしやすいアプリです。利用者が多いということは、それだけ自分に合う異性が多いということに繋がります。

また、料金が他の婚活アプリと比較すると非常に安いということもプラスです。男性は婚活アプリの中で最安の料金設定、女性は無料で使えるというのは非常にうれしいポイントですね。

-実録!Omiai 出会いまでの道のり