30代婚活での悩み

30代婚活男性の年収はいくらあれば良い?モテ始める年収はこれだ!

婚活を行うにあたって、女性側がどれくらいの年収を求めているの?というのは気になるポイントです。
実際に結婚をしたあと、生活をどうしていくのか?という事を考えなければならないので、女性側からしてみたら男性の年収は気になるのは当然のことです。

では、どれくらいの年収があれば婚活市場において女性に安心してもらえるのでしょうか?

あまりにも日本人の平均年収とかけ離れていたら、生活は当然厳しくなりますし、高すぎたらお金目当ての女性がよって来るのでは・・・と不安になってしまうかもしれません。

アナタの現状を把握するために、日本の平均年収から婚活でウケの良い年収をこのページで解説します。
読んだあとに年収にあった婚活戦略を正しく使えるようにしましょう!

日本の平均年収は?

まずはこちらのグラフを見てください。
(第12図)年齢階層別の平均年齢

引用元:国税庁「1.平均給与」

こちらは国税庁が発表している平均給与のグラフです。
30~34歳の男性の平均年収は513万円、35~39歳で589万円となっています。

これを見ると30代であれば年収500万円以上あれば合格点でありそうですね。
では、婚活中の女性はどれくらいの年収を持っていたら足切りをしないのでしょうか?

婚活男性はどれくらい年収があれば良い?

女性の理想としている年収はいくらなのでしょうか?
下のグラフは婚活総研が調査した「結婚相手に求める年収」です。

2017-07-04_115253

引用元:IBJ婚活総研

これを見ると、500万円~699万円が最も女性の求める年収になっています。
ほとんどの女性が年収は平均値あれば良いと思っているのですね。

これを裏付ける事実として同サイトの調査では、500万円を超えるとお見合いの申し込みが増えるというデータも出ているので、アンケートと現実は合致しているということが言えそうです。

女性が求める年収満たしていても結婚した後の生活は大丈夫?

結婚式

Pexels / Pixabay

ここまで読み進めて、女性が求める年収を満たしているアナタは一安心できてると思います。
が、ちょっと待ってください。

女性側が平均年収があれば、人並みの生活が出来ると思い、この年収を求めていると思いませんか?
おそらく、年収が500万であれば、ボーナスの額にもよりますが、アナタの月々の手取りは30万円前後ではありませんか?

それだと結婚後の生活はかなり厳しいと言わざるを得ません。
例えば、夫婦と子供1人の3人家族では、平均して以下の金額がかかります。

一般的な家庭にかかるお金

住居費:10万円前後(持ち家)

食費:4万円前後(自炊)

光熱費:1.5万円前後(季節によって変動あり)

通信費:1.2万円前後(3大キャリア想定)

保険料:2万円前後

教育費:2.5万円前後

娯楽費:1万円前後

被服費:0.5万円前後

日用品:0.5万円前後

合計:23.2万円

一般的な家庭で1ヶ月の生活に最低23.2万円かかるのですが、これに子供の進学のための貯蓄や老後のための貯蓄、なにより自分の小遣いを余った7万円前後から捻出しなければならないのです。

ボーナスは全部貯蓄するから大丈夫と言われるかもしれませんが、老後にゆとりある生活をしようとすると22.3万円が必要と言われており、さらに持ち家の場合はリフォーム代も必要ですし、なにより介護の問題も出てくるのでその費用も用意しておく必要があります。

それを考えると、アナタが1人で働くよりは、夫婦で働いたほうが老後までの生活が破綻しない可能性が高いです。

となると、お相手の年収というのは、男性側からしてもかなり重要になってきます。
ちゃんとした職業についていない女性を結婚相手に選んでしまうと、1人でがんばることになりますし、若い頃だけ出来る仕事をしている女性も最初は良いかもしれませんが、将来的には大丈夫なのかと思うことでしょう。

そのため、男性側もある程度の経済力を持っている女性と結婚することが好ましいと判断しています。
昔は男が養うのが当然といった風潮でしたが、それはバブル期の話。
平均年収が上がって行かない日本では、共働きが出来るパートナーを探すのが、男女ともに正しい生活スタイルです。

上記の条件をクリアするためには、やはり多くの女性と出会い、見極めていく必要があります。
そのために、婚活アプリなどを使い、年収額を確認しながら女性にアプローチしていくのは、効率の面でもかなりオススメです。

婚活をしていて、まだ婚活アプリを使ったことがないかたは、是非試してみてください。


実際に使った婚活アプリランキング

実際に婚活アプリを使った筆者が、「婚活の真剣度」「利用料金」「アプリの使いやすさ」などから選んだランキングです。

Omiaiなら20代後半から30代前半の女性と出会える

Omiaiは婚活に真剣な男女が多く集まるアプリです。利用者の数は非常に多く、累計で300万人以上が使っています。
私が初めて使った婚活アプリもOmiaiでここで彼女を作ることに成功しました。Omiaiはマッチングしやすいように、人気会員だけにいいね!が偏らないよう、ポイント制度を導入しているなど、ほかのアプリと比較すると出会える機会が多くなるのも良いところです。

無料会員でもアプリ内で異性を検索できるので、まずは登録してみて好みの異性がいないか確認してみましょう。

ゼクシィ縁結びなら婚活に本気の異性と出会える

結婚情報誌No'1のゼクシィが運営していることで知られる婚活アプリ「ゼクシィ縁結び」。
婚活アプリの特性としては、結婚情報誌が作っているだけあって、婚活に真剣な男女がこのサービスには集まっています。

いまなら、婚活成功保証プランもついているため、婚活アプリを使って相手が見つかるのか不安なアナタも安心してサービスを利用することができます。

累計1000万人が使ったPairsなら出会いが豊富

Pairsは国内最大のマッチングアプリで累計の利用者が1,000万人を突破しています。利用者だけでなくPairsを使ってお付き合いが始まったカップルも20万人以上いるので、かなりマッチングしやすいアプリです。利用者が多いということは、それだけ自分に合う異性が多いということに繋がります。

また、料金が他の婚活アプリと比較すると非常に安いということもプラスです。男性は婚活アプリの中で最安の料金設定、女性は無料で使えるというのは非常にうれしいポイントですね。

-30代婚活での悩み