30代婚活での悩み

男性で30代からの婚活は手遅れで厳しいのか検証、対応策も教えます!

このページに訪れたアナタは、

  • 婚活したいけど30代って大丈夫?
  • 30代で婚活を始めたけどうまくいかない

のどちらかと思います。

実際に私も30代ですが、実感するのは「婚活厳しい」という現実です。
特に35歳をすぎると男性としての市場価値がメチャクチャ落ちて来るのを感じます。

でも、巷の女性は、

  • 40代でも全然恋愛対象
  • 男は30過ぎてからが素敵

みたいな話をしますよね。
だから婚活市場でもまだイケると男性は思いがちになります。

しかしそれは、半分正解で半分嘘だからそういう話になります。なぜなら、女性が思う上記の男性像は芸能人だからです。
中には、髪も薄く中年太りが進んでいるおじさんと付き合っている20代の子もいますが、よほどの事情が無い限り、そのようなことにはならないでしょう。

では、実際現実はどうなっているのかというデータと、どうしたら良いのかをこのページでは解説していきます。

30代の現実、未婚率はどれくらい?

総務省統計局が発表している国税調査があります。
これを見ると、年代別の未婚率は以下のようになります。

年齢総数(千人)未婚(千人)未婚の割合
20~24歳3,1652,88791%
25~29歳3,2912,22568%
30~34歳3,6561,60544%
35~39歳4,1621,37733%
40~44歳4,8781,37628%

引用元:総務省国税局 平成27年国勢調査

この表を見ると、20~24歳から25~29歳に上がる際に23%減り、30~34歳に上がる頃には24%減の44%になっています。
しかし、35歳を超えてくると、減少幅は11%と少なくなっており、40歳以上だと5%しか減少していません。

この事実から言えることは、年齢を重ねるごとに結婚が難しくなってくるということが判ると思います。
30代に入ったばかりののアナタも相手がいないのであれば、早めに探して結婚までいかないと独身のままで居続ける可能性が上がってしまうかもしれません。

逆に婚活を頑張っており、それでもうまく行って無いアナタは以下のようなことをしていませんか?

30代の婚活でうまくいかない5つの理由と対応策

婚活を頑張っているのにうまくいかない理由は色々とありますが、代表的なものを5つ上げていきます。

  • 見た目
  • 女性に説教する
  • 若い子ばかり狙う
  • 仕事を優先しすぎ
  • 35歳を過ぎている

なぜこれらが女性にとってNGなのか、順を追って説明していきます。

見た目

20代の頃から変わらぬ食事量や、飲酒など続けて太ってきてはいませんか?
アナタはもう30代です。20代と同じ食事や飲酒をしていたら太るのは当然です。
なぜこれが悪いのかというと、太っている男性が好きな女性はほとんどいないからです。試しに周りの女性に聞いてみてください。
※後日聞くでもかまいませんので、ここでは話を進めていきます。

上記の前提があるので、食事量を調整して体型維持に務めなければ、20代で婚活している男性に太刀打ちできません。
ラーメンなどカロリー高めなものは控えましょう。

ちなみに太っていくのは、基礎代謝-摂取カロリー量の計算式で摂取カロリー量が上回ると体重は増えていきます。
そのため、自分の基礎代謝の値を把握し、それを下回る摂取カロリーにすることで、体重は減ります。

人によって基礎代謝の異なるので、値を図れる体重計を買って数値を把握し、食事に気を使いましょう。

女性の説教する

デート中の女性と会話をしていると、最終的に「こうしたらいいよ」などアドバイスを与えたりしていませんか?
それは女性にとって説教おじさんと思われている可能性大です。

というのも、女性は「仕事のこんなことに悩んでて~」などの話を始めたとしても、聞いてほしいだけでアドバイスなどは全く求めていません。
聞いてもらうだけでOKなのです。

これはどんなイケメンでも同じです。
例を上げると、あの超絶イケメンの福山雅治さんがなぜあの年まで結婚出来なかったというと「もっとこうしたほうがいい」とか、「それは違うよ」と女性に説教してしまうという欠点があったからです。
※テリー伊藤さんのコラムで語っていたそうです。
そのため、全然女性にモテないということを話していました。

このことから判るように、女性はどんなイケメンであっても説教や意見をする男は苦手です。
黙って女性の聞き役になりながら、話を広げていくスキルを身に着けましょう。

なお、最初からは難しいと思うので、まずは相槌を打てる聞き役に徹してみましょう。
女性ウケがかなり良くなるはずです。

若い子ばかり狙う

結婚してから子供を作るということまで視野にいれると、出産年齢を考えて若い子ばかりにアプローチしていませんか?
高齢出産は確かにリスクが上がっていくので、理にかなっているといえばそうなのですが、若い女性は同世代からもアプローチを受けています。
そして、外見がよくなるにつれ、その数は増えていきます。

若い女性の同年代の男性だと、商社勤務などかなりのハイスペックもまだゴロゴロ転がっています。
そのハイスペ20代男子と比較するとアナタが優れているのは何でしょう?

もし、ここで優れているところが見つかれば、それを武器に戦いを挑んでも良いのですが、ない場合はどうしたら良いかという話になります。
それは、20代のハイスペ男子が狙わない、同世代の女性を狙うことです。

上記で伝えた35歳から未婚率が減っていかないと同様に女性も年齢で同様の傾向が見てとれます。
しかも女性は早く30歳から始まってしまうのです。

このようなデータがあるので、素直に30代の女性を狙うことで、デート出来る確率や付き合える、結婚出来る可能を上げることが出来るのです。

事実として、筆者の私が婚活アプリを使った際、マッチング率が高いのは30代前半の女性でした。
そして、20代はマッチングして実際あってみても、キャキャピしており疲れてしまいました。
※これは人によると思いますが・・・

このことから、猟場を変更するのは有効な手段となります。

仕事を優先しすぎ

30代にもなれば、仕事で任せられる裁量も増えてきて、どんどん忙しくなってくると思います。
また、中には役職もつき、部下の教育などを行い、夜にならないと自分の仕事が出来ないということもあります。

そうなってくると、仕事を優先し、女性へのLINEの返信などが遅くなってしまったり、せっかくデートに誘ってくれたとしても、疲れて行く気にならないということが起こってしまいます。私もこのタイプでした。

この解決策は実に単純で

  • もっとヒマな職場に転職する
  • 気合でデートにいく

の2つだと思います。

転職するという選択肢は2018年12月時点では有効な手段で、現在の転職市場は売り手市場かつ、企業は採用難という状況だからです。
ちなみに、私も転職をしブラック企業からホワイト企業へ行きました。

ただし、結婚まで視野に入れているならば、現在の年収が下がるような転職はオススメしません。
また、忙しいと転職活動をする時間などないという話もあると思っています。

しかし今はミイダスなどネットにプロフィールと希望年収を登録することで、企業からアプローチを受けて希望年収と合うか確認した上でピンポイントで面接を行うなども出来るので、時間の捻出は最低限で転職が出来てしまうので、そんなにハードルは高くありません。

問題は、今の会社で仕事が楽しくて仕方ない、激務でも辞めたくないというアナタです。
これは、気合で乗り切るしかありません。

デートは必ず休みの日しかしない、会う母数を増やすのではなく、女性は吟味した上でデートをするなど工夫する必要はありますが、婚活が全く無理という話ではありません。

仕事を辞めたくないアナタは、女性と出会うために婚活アプリなどではなく、結婚相談所で女性を紹介してもらったほうが良いと思います。
婚活アプリなどは、マッチングの数だけ女性とやり取りをする必要があるので、忙しいと使いきれないからです。
その点、結婚相談所だと、吟味した女性にアプローチし、向こうも問題なければコンシェルジュの方がデートの日取りはセッティングしてくれるので、婚活アプリと違い、手間は最小限で済むからです。

結婚情報

自分の状況も考え、婚活をすることが重要です。

35歳を過ぎている

上記のデータの通り、35歳をすぎると、結婚する可能性が減ってしまいます。
35歳を過ぎて独身だと、「何か問題があるのでは?」と勘ぐられてしまうからです。

そのため、デートするにしてもかなりハードルが上がってしまいます。この解決策は一つです。

それは、

出会いの母数を増やす

ということしかありません。
アナタの周りにいるかもしれませんが、実際に35歳を過ぎていても全く問題にしない女性はいます。
どうやったらそういった女性と巡り合い、結婚までつなげるかというと、出会いの数を増やすしかありません。

出会いの母数を増やしていけば、間違いなく35歳以上でも気にならないという女性に出会えます。
しかし、母数が少ないとそういった女性と出会える可能性は狭まってしまいます。

では、どうやって増やせば良いのかという話ですが、私のオススメは婚活アプリです。
なぜなら、結婚をしたい女性が登録しているので、こちらも結婚まで考えて付き合いたいのであれば、両者の需要が一致しているので効率が良いです。

婚活アプリは、結婚相談所と違いかなり安価で利用出来るので、「結婚相談所にお金を払って失敗したらどうしよう・・・」という心理に女性がならず、手軽に登録が出来るので母数の問題もクリア出来ます。

そのため、様々な女性にアタックすることができ、35歳以上でも問題にしない「すばらしい女性」に出会う可能性が上がります。
私も婚活アプリで様々な女性と出会えたので、是非試してみてください。


 

実際に使った婚活アプリランキング

実際に婚活アプリを使った筆者が、「婚活の真剣度」「利用料金」「アプリの使いやすさ」などから選んだランキングです。

Omiaiなら20代後半から30代前半の女性と出会える

Omiaiは婚活に真剣な男女が多く集まるアプリです。利用者の数は非常に多く、累計で300万人以上が使っています。
私が初めて使った婚活アプリもOmiaiでここで彼女を作ることに成功しました。Omiaiはマッチングしやすいように、人気会員だけにいいね!が偏らないよう、ポイント制度を導入しているなど、ほかのアプリと比較すると出会える機会が多くなるのも良いところです。

無料会員でもアプリ内で異性を検索できるので、まずは登録してみて好みの異性がいないか確認してみましょう。

ゼクシィ縁結びなら婚活に本気の異性と出会える

結婚情報誌No'1のゼクシィが運営していることで知られる婚活アプリ「ゼクシィ縁結び」。
婚活アプリの特性としては、結婚情報誌が作っているだけあって、婚活に真剣な男女がこのサービスには集まっています。

いまなら、婚活成功保証プランもついているため、婚活アプリを使って相手が見つかるのか不安なアナタも安心してサービスを利用することができます。

累計1000万人が使ったPairsなら出会いが豊富

Pairsは国内最大のマッチングアプリで累計の利用者が1,000万人を突破しています。利用者だけでなくPairsを使ってお付き合いが始まったカップルも20万人以上いるので、かなりマッチングしやすいアプリです。利用者が多いということは、それだけ自分に合う異性が多いということに繋がります。

また、料金が他の婚活アプリと比較すると非常に安いということもプラスです。男性は婚活アプリの中で最安の料金設定、女性は無料で使えるというのは非常にうれしいポイントですね。

-30代婚活での悩み