30代婚活での悩み

【30代婚活男性必見】婚活している男性の貯金額はいくらあれば合格?

投稿日:

kschneider2991 / Pixabay

結婚相談所に入って婚活をしているとプロフィールに貯金額を書きますよね。
貯金額を書かされると言うことはそれだけ婚活には大事にされていると言うことなのです。

では、婚活をしている女性はいくらの貯金額を求めているのでしょうか?

このページでは婚活において女性が必要だと感じている貯金額から、なぜその金額が必要と思われているのかを紐解いて行きます。

男性に求められる貯金額と実際の平均額

婚活女性が男性に求める貯金額は500万円以上が最も多く、その次が300万円という金額です。
この貯金額は多いのでしょうか?

金融広報中央委員会を見ると30代男性の金融資産額は395万円となっているので女性が無理難題を言っている訳ではなく、大体平均額を求めているのです。

しかし、婚活をしている女性たちはなぜこの金額が必要と思っているのでしょうか?

結婚にはお金はメチャクチャかかる!

女性たちが貯金額にこだわる理由は、浪費家ではないかな?収入ちゃんとあるの?という理由以外に結婚にお金がかかることをちゃんと知っているからです。
男性は結婚に疎いので何にお金がかかるの?と思ってしまいますが、実はやることはかなりあります。

  • 両家顔合わせ
  • 婚約結婚指輪
  • 結婚式
  • 新居への引っ越し
  • 新婚旅行

結婚にまつわるお金のかかるイベントの代表格は上記があります。
では、それぞれいくら位かかるのでしょうか?

両家顔合わせ

最近では、結納を省いて両家で顔合わせの食事会で済ますカップルも多いです。
しかし、初めての顔合わせになるので、安い居酒屋で乾杯というわけにもいかず、ちゃんとしたお店で行う必要があります。

ぐるなびWEDDING顔合わせの平均金額は6万円が一般的です。
内訳は1人1万円の料理を出す計算です。

婚約結婚指輪

Free-Photos / Pixabay

婚約・結婚した証となる指輪もかなり高い出費になります。
結婚情報誌のゼクシィによると平均価格は次のようになっています。

参考

婚約指輪:36.5万円

結婚指輪(2つ):24.4万円

合計:60.9万円

 

結婚式

StockSnap/ Pixabay

結婚式は最も自分たちだけでなく、家族や友人たちにも相手を披露する場です。関わる人数も多いので、当然かかる金額も大きくなります。

結婚情報誌ゼクシィの調査によると、結婚式の費用は平均で357.5万円もかかっているデータがあります。
そのため、式をあげるにもかなりまとまった金額が必要になるのです。

そしてほとんどの結婚式場は、前払いが大半となりますので、ご祝儀をあてにしていると支払いが間に合わないなんてことも起こりえます。

新居への引っ越し

dakhlallah/ Pixabay

続いて結婚するとほとんどのカップルは一緒に住むと思います。新居を借りるとなると、当然ながら敷金礼金や仲介手数料、さらに引越し代金もかかります。

サンプルとして、東京で比較的家賃の安い墨田区に1LDK新居を借りると仮定した時、CHINTAIの家賃相場を見ると12.05万円が相場となります。
このケースの場合、いくらになるか試算すると

参考

  • 敷金1ヶ月:12.05万円
  • 礼金1ヶ月:12.05万円
  • 仲介手数料:12.05万円
  • 引越し代金:5.67万円(価格.com単身荷物小から算出)

合計:41.82万円

いまは仲介手数料が半額の不動産屋さんも多いので、もう少し安く引っ越しをすることも可能かもしれませんが、もっと大きい家を借りるなどになるとさらに金額は膨れ上がります。

新婚旅行

Free-Photos/ Pixabay

ウェディングパークのデータを見ると、新婚旅行の平均は50万円前後となっています。
結婚式に続く思い出となるので、ここをケチってしまうと生涯に渡り奥さんに文句を言われる可能性もあるので、しっかりした旅行先を選ぶとやはりこのくらいの金額はかかります。

 

さて、ここまでの合計でいくと結婚にかかるお金は516.22万円となります。
女性がある程度の貯金を持っていてほしいという理由も納得できると思います。

実際にこの金額まで貯める必要があるのか?

では、実際にこの金額を貯める必要があるのかと言われるとそうでもありません。結婚する際に親からの援助やご祝儀などがあるからです。
私も実際に結婚した時に親からの援助が100万円ずつありましたし、結婚式を上げればご祝儀でかなりの部分をまかなえます。
さらに、結婚するのであれば当然相手もいるので、女性側も指輪以外の部分はお金を出すのでそこまで一気にお金が必要というわけではないのです。

とはいえ、年齢に対して平均額の貯金がないと、この人は浪費家かも?給料安いかも?と思われてしまうので、婚活を考えているならば、可能な限りお金を貯めていきましょう!

 

スポンサーリンク

実際に使った婚活アプリランキング

実際に婚活アプリを使った筆者が、「婚活の真剣度」「利用料金」「アプリの使いやすさ」などから選んだランキングです。

Omiaiなら20代後半から30代前半の女性と出会える

Omiaiは婚活に真剣な男女が多く集まるアプリです。利用者の数は非常に多く、累計で300万人以上が使っています。私が初めて使った婚活アプリもOmiaiでここで彼女を作ることに成功しました。Omiaiはマッチングしやすいように、人気会員だけにいいね!が偏らないよう、ポイント制度を導入しているなど、ほかのアプリと比較すると出会える機会が多くなるのも良いところです。無料会員でもアプリ内で異性を検索できるので、まずは登録してみて好みの異性がいないか確認してみましょう。

ゼクシィ縁結びなら婚活に本気の異性と出会える

ゼクシィ縁結び

ゼクシィ縁結びは、国内で屈指に知名度を誇る結婚情報誌が運営するアプリです。結婚といえばゼクシィというほど一般的に支持されている雑誌のため、婚活を真剣に考えている男女が非常に多いのが特徴です。また年収や学歴がわかるものを提出すると、提出済みのアイコンがつくため、婚活アプリにありがちな年収や学歴の詐称ということが少ないのもポイントです。ゼクシィ縁結びも無料で異性を検索できるので、一度登録してみて、好みの女性がいたら有料プランに移行するということもできます。

累計1000万人が使ったPairsなら出会いが豊富

Pairsは国内最大のマッチングアプリで累計の利用者が1,000万人を突破しています。利用者だけでなくPairsを使ってお付き合いが始まったカップルも20万人以上いるので、かなりマッチングしやすいアプリです。利用者が多いということは、それだけ自分に合う異性が多いということに繋がります。また、料金が他の婚活アプリと比較すると非常に安いということもプラスです。男性は婚活アプリの中で最安の料金設定、女性は無料で使えるというのは非常にうれしいポイントですね。

-30代婚活での悩み