30代婚活での悩み 女性の悩み

結婚したいと相手がいないと思っているなら出会える方法を考えよう【女性向け】

結婚したいと思っているけど、周りに良い男性はいないし、新しい出会いもない・・・
友達達は次々と結婚していくので、焦りを感じてもどうして良いのかわからない!と思っていませんか。

ただ、その焦りの感情は正しいと言えます。

なぜなら、統計的にも30歳を過ぎてくると男女ともに婚姻率が高まるからです。
この瞬間にも、まだ出会っていないアナタが結婚したいと思う男性がどんどんと減っていくのです。

アヤ
そういうけど、どうやって出会えば良いのか判らない!

そうですよね。

では、このページでは既婚率のデータから現状の結婚できない問題点と6つの婚活方法を解説していくので、ぜひ今後の婚活の参考にしてくださいね。

結婚したいと思える男性が少ないのは既婚率がどんどん上がっていっているから

同世代で結婚したいと思える男性が少ないのは、既婚率が上がって来ているからです。
実際にどれほどの人達が結婚していくのかは、総務省国税局が国税調査としてリリースしています。

国税調査でわかる既婚率

平成27時点での既婚率は以下の数字となっています。

年齢総数(千人)未婚(千人)未婚の割合
20~24歳3,1652,88791%
25~29歳3,2912,22568%
30~34歳3,6561,60544%
35~39歳4,1621,37733%
40~44歳4,8781,37628%

引用元:総務省国税局 平成27年国勢調査

上記の表のとおり、25歳から34歳にかけて大きく数字が動いているのが判るかと思います。
一般の人たちはこの年代に差し掛かると結婚を考え始めて、どんどん入籍していくのです。

以上の理由から、25歳から34歳にかけて独身の人達が減少していくのです。

結婚したい相手がいないと思うのは自分が高望みしている可能性も⁉

上記のようなデータを見ると

アヤ
同じ年代の私はなんで良い人と出会って結婚できないの?

という声が聞こえて来そうです。

それは、結婚相手に求める条件が高すぎるという理由ではないでしょうか?

アヤ
いや、そんな高くないと思うけど・・・

そう仰りたい気持ちはわかります。
ただ、結婚できない女性によくみられる「年収が1000万円以上」など、一つの項目を高く設定せずとも、満たしてほしい条件が多くあれば全てを満たしてくれる男性に出会うのは難しいです。

そのため、自分の中で譲れない条件を整理し、それを満たす人物を探すということが結婚に近づく秘訣なのです。

条件の整理方法は、以下のページで詳しく解説しています。

婚活の始め方
婚活のやり方が判らないあなたへ送る、はじめての婚活方法を解説!

同世代の周りの友人や会社の同僚が結婚しはじめ、 「自分も結婚したい!」 そんなことを考えはじめたけど、 「全然やり方が判らない!」 「何から始めればいいの?」 私もその気持は同じで最初は途方に暮れまし ...

続きを見る

 

良い男性がいなくなる前に結婚したいならすぐにでも行動しよう!

上記で書いてきた通り、25歳を過ぎてくると結婚を意識し始めるので、どんどん良いと思える男性は結婚していきます。
これを読んでいる間にも良い男性がプロポーズをしているかもしれません。

良い男性がどんどん減っていく中、妥協して結婚をするという最悪な事態を避けたいのであれば方法は一つです。

今すぐ、婚活をはじめましょう。

アヤ
そういわれても、具体的にどうやれば良いかわからないよ・・・

確かにそうですよね。

では、具体的に次の項目で6つの婚活方法とその方法が向いているタイプを解説します。

婚活の具体的な6つの方法

それでは早速、具体的に婚活方法を解説していきます。
考えられる方法は以下の6つがあります。

6つの婚活方法

  • 職場の出会い
  • 友達の紹介
  • 合コン
  • 婚活パーティー
  • 婚活アプリ
  • 結婚相談所

上記の方法は具体的にどういった人が向いているか、解説していきます。

職場の出会い

社会人になって最もポピュラーな出会いは、職場の出会いではないでしょうか。
一緒に仕事をするうちに、男性の頼りになるところが見えてきて、気が付いた恋に落ちているというのは理想のパターンに思えます。
また、アプローチの方法も理由をつけて誘いやすいのが特徴です。

職場で男性を誘う口実

  • 仕事でお世話になったお礼がしたい
  • おいしい店を見つけたので一緒(もしくはグループ)にいってみよう
  • 四半期や半期での打ち上げをしよう

ある程度関係性がある男性なら、おいしい店を見つけたので一緒に行ってみようというのが一番使いやすいのではないでしょうか。
特に夜ではなく、ランチであれば相当相手もハードルを低く感じるはずです。

また、ほかの部署で気になる人がいるのであれば、社内に知り合いがいないか探し、飲み会を企画するということも他の方法と比較するとハードルは低くなります。

ただし、職場での出会いはかなり人を選びます。
というのも、あまり従業員数が多くない会社だと、周りは既婚者だらけということや、付き合ったのがバレると気まずいということが起こりえます。
また、女性が多い職場も当然ながら相手となる男性がいないので不向きでしょう。

向いている職場は、新卒を10名以上単位で毎年採用している大手の企業が向いています。
上記の条件であれば、定期的に未婚の男性が入ってくることから、同じくらいの年頃の男性で未婚者も一定数はいるからです。
また、付き合ったのがバレたとしても、大きな会社だと自分たちが所属している部署でウワサになるくらいで、ほかの部署の人が聞いても「誰だっけ?」ということが起こるので、冷やかしの範囲も狭く済みます。

まとめると、職場での出会いで最も効率が良いのは、新卒を毎年採用している大手の企業ということになります。

友達の紹介

友達の紹介が受けれるなら、アナタにとってかなり確度の高い男性を紹介してもらえる可能性が高いです。
というのも、友達ならアナタに合う人がどんな人か一緒に過ごしているうちに判っているため、相性の良い人を紹介してくれる可能性があるからです。

ただし、30代に入り同年代を紹介してほしいと話しても、上記でもお話ししている通り、良い男性は結婚している可能性があります。
また、友達が特別多いという人でない限り、友人の紹介できる男性の数も決まっているので、数多く出会ってその中から選ぶという戦略も取りにくいのがネックです。

しかし、数が少なかったとしても、相性の良い人を紹介してもらえる可能性が高いため、婚活において一番最初にする行動としては良い選択です。

合コン

合コンで結婚相手を見つけるのはかなりハードルが高いです。
思い出してみてください。アナタの友人で合コンから結婚に至った人は何人いますか?むしろ、これまで社会人になってから、周りを含め合コンで付き合った人はいたでしょうか?

恐らく、思いついても2~3人といったとこではないでしょうか?

こんなにも少なくなる理由は、必ずしも相手が結婚相手を探しに来ているわけではないということです。
学生の頃の合コンだと、付き合う相手を見つけるという目的は男女ともに一致する可能性は高いですが、社会人になってからだと、ただ楽しく飲みたい・付き合う相手を見つけたい・ワンナイトしたい・異業種交流したいなど、目的が多岐にわたる可能性があります。

実際筆者も、合コン後にデートに誘われたと思ったら、ネットワークビジネスの勧誘を受けるというなんとも残念な結果もあったりします。

また、相手以外にもハードルがあります。それは、一緒に参加する女友達です。
イケメンに一極集中するような合コンだと、周りにも気を使いますし、遠慮もしてしまわないですか?
さらに一極集中しない場合でも、友達と良いなと思う男性が被ることは多々あります。アナタが良いと思う男性はほかの人も良いと思っているのです。

このような理由から、合コンで結婚相手を探すのは無理とまでは言いませんが、可能性はかなり低いと言わざるを得ないでしょう。

婚活パーティー

安く参加できて、結婚したい男女が集まる婚活パーティーは、結婚相手と出会えそうな感じがしますよね。
ただ、普通の婚活パーティーだと良い相手を見つけるのは人を選ぶと言わざるを得ません。

というのも、基本的な流れが以下のような形になっているからです。

婚活パーティーの大まかな流れ

  1. 自己紹介の時間、3分~10分で相手と話していく、その後は次の男性と話す繰り返し
  2. フリータイムで最初の自己紹介の時間で気になった男性に話かけにいく(向こうからくる場合も)
  3. カップリング希望タイム→カップリング発表へ

上記の流れとなります。

この婚活パーティーの流れを見て

アヤ
積極的に男性に話かけるなんてできない・・・

こんな風に思われるなら、残念ながら婚活パーティーには向いていないです。
フリータイム中に良いと思った男性に積極的に話かけに行くことができなければ、ほかの女性がその異性に印象を残してカップリングしてしまうのです。

消極的なのであればほかの婚活をオススメします。

ただ、一方で積極的にガンガン行けるというタイプは、相性の良いサービスになります。
実際に会って話をしているので、婚活アプリや結婚相談所のように、デートの約束をして会ってみたけど、話が盛り上がらなかったということが起こっても、その場で次に気になる男性にアプローチができます。
そのメリットが最大限に活かせるので、積極性の高い女性であれば婚活パーティーはメリットが多いものになるでしょう。

 

筆者おすすめの婚活パーティー

お見合いパーティーならparty★party

婚活アプリ

低価格もしくは無料で始められて、男性の外見、趣味趣向などやり取りをする婚活アプリは手軽に始められる結婚への活動です。
しかし、その気軽さ故に注意して使わなければいけない注意点もあります。それは

婚活アプリの注意点

  1. 男女ともに気軽に始められるため、婚活目的でない人も多い
  2. プロフィールの年収項目などが実際とは違う
  3. 女性は男性からアプローチが多いので、メッセージのやり取りなどで時間がどんどん無くなっていく

などが挙げられます。

最初の段階で婚活に真剣な男性がいるアプリを選ばないと、恋人探しやヤリモク男性をつかんでしまう可能性が上がってしまいます。
また、プロフィールに書いてある項目はほとんどが証明書を求められないため、いくらでも盛れるという自体が起こり、その真偽を求めるのは会う前では非常に困難になります。

そして、女性は婚活アプリにおいて、男性からアプローチが凄いです。恐らく初月は「いいね!」が100以上は届く可能性が高いです。
そのため、全員とやり取りすることは不可能ですし、人数を絞ってメッセージのやり取りをしたとしても、どの男性とどんな内容の話をしてたっけ?となりがちです。

ただ、婚活アプリの最大のメリットは、自分の好みの外見や内面の男性にアプローチをピンポイントでかけることが可能なため、自分好みの男性と最終的には結婚できる可能性が高いです。
結婚はゴールではなく夫婦生活のスタートであり、そこから長い年月をともにすることになるため、自分と少しでも合う男性を見つけることは必須です。

上記の点を満たすには、やはり数を当たってこの人ならと思える人と出会うしかありません。
その点では、婚活アプリは選ぶサービスを間違わなければ、登録人数が多いので数に困ることはありません。

デメリットを許容しつつ、いろんな男性に数多くアプローチをかけたいのであれば、婚活アプリはおすすめです。

 

筆者おすすめの無料で使える婚活アプリ

結婚相談所

結婚相談所は婚活コンシェルジュをつけてくれて、アドバイスを受けながら同じサービスを使っている会員を紹介してくれるサービスです。

第三者がつく、店舗を構えているという関係上、ほかの婚活サービスと比較すると値段はどうしても高くなってしまいます。
また、値段の高さからハードルも高く登録している男性の数も限られます。

一方でほかの婚活サービスと比較すると、相手の身元や結婚意思があるなど確実性が高いのはメリットです。紹介される人数も補償されているところが多く、一定数の男性と話す可能性も高くなります。
また、婚活コンシェルジュと二人三脚で婚活を進めていけるので、第三者の客観的な意見を聞きながら活動することになるので、ほかのサービスと比較してもより結婚の可能性が高くなります。

身元がしっかりしているということは、独身だと思って会っていたら実は既婚者でした・・・みたいなことは起こりえないですし、会員に対して身分証明書はもちろんのこと、収入証明までしているのでプロフィールを盛られているということもありえません。

お金に余裕があり、より確実な婚活をしたい場合は結婚相談所を利用するのが良いです。

筆者おすすめのイオングループの結婚相談所

恋愛傾向チェック

ぜひ、自分にあった婚活方法を見つけて、幸せな結婚をしてくださいね。

実際に使った婚活アプリランキング

実際に婚活アプリを使った筆者が、「婚活の真剣度」「利用料金」「アプリの使いやすさ」などから選んだランキングです。

Omiaiなら20代後半から30代前半の女性と出会える

Omiaiは婚活に真剣な男女が多く集まるアプリです。利用者の数は非常に多く、累計で300万人以上が使っています。
私が初めて使った婚活アプリもOmiaiでここで彼女を作ることに成功しました。Omiaiはマッチングしやすいように、人気会員だけにいいね!が偏らないよう、ポイント制度を導入しているなど、ほかのアプリと比較すると出会える機会が多くなるのも良いところです。

無料会員でもアプリ内で異性を検索できるので、まずは登録してみて好みの異性がいないか確認してみましょう。

ゼクシィ縁結びなら婚活に本気の異性と出会える

結婚情報誌No'1のゼクシィが運営していることで知られる婚活アプリ「ゼクシィ縁結び」。
婚活アプリの特性としては、結婚情報誌が作っているだけあって、婚活に真剣な男女がこのサービスには集まっています。

いまなら、婚活成功保証プランもついているため、婚活アプリを使って相手が見つかるのか不安なアナタも安心してサービスを利用することができます。

累計1000万人が使ったPairsなら出会いが豊富

Pairsは国内最大のマッチングアプリで累計の利用者が1,000万人を突破しています。利用者だけでなくPairsを使ってお付き合いが始まったカップルも20万人以上いるので、かなりマッチングしやすいアプリです。利用者が多いということは、それだけ自分に合う異性が多いということに繋がります。

また、料金が他の婚活アプリと比較すると非常に安いということもプラスです。男性は婚活アプリの中で最安の料金設定、女性は無料で使えるというのは非常にうれしいポイントですね。

-30代婚活での悩み, 女性の悩み