実際に使って検証してみた!

30代後半でも婚活アプリで出会える!

筆者のプロフィール

このページでは筆者のプロフィールを紹介します。

ちょこちょこサイト内で触れている通り、自分はバツイチで子アリ(別居)です。
なぜ、そんなことになり、30代後半の今も独り身なのか、解説していきます。

結論だけ言うと、若気の至りにつきますね・・・

興味ある方は見ていってください!

18歳~22歳 元嫁との出会い

高校を卒業し、憧れの華の都東京に上京してまいりました。
自分は広島出身なのですが、田舎者特有の大都会に憧れて東京に出ることを決めました。
今、思えば人口密度もほどよく、住みやすい町だったなーと感じます。
若い頃はそのほどよさが判らなかったです。

ちなみに、上京理由は無難すぎる進学でした。

最初に住んだのは狛江、当時放送されていた「ワンダフル」とい深夜番組で、東京の物件を紹介するコーナーがあり、そのコーナーを担当している不動産屋さんに相談したところ、「ワンギャルがここに住んでるよ」と言われ、決めた物件でした。
今思うと、個人情報も何もない時代だったなーと感じます。

なお、ワンギャルとは一度も会えませんでした。

学校はアパレルの専門学校に通っており、デザイナーを目指しておりましたが、仕送りが無かったので、バイト三昧の生活でした。

そんな生活をしているうちに、21歳で参加した合コンで1つ年上の元嫁と出会いました。
最初会った頃から、モデル体型の彼女を気に入り、猛アタックをかけましたが、同じ合コンに来ていたH君(超イケメン)と付き合ってしまいました。

早い話、相手にされなかったのです。

そんなこんなで、1年が経とうという頃に、偶然下北沢で彼女と再開し、H君と別れたことを聞きました。
そして再度猛アタック!(笑)
今度は無事付き合うことになりました。

そして22歳の年は自分が卒業&家の更新もあり、彼女が住んでいた家で同棲をすることとなったのです。
※私の通っていた専門学校はなぜか4年制でした。

23歳~25歳 妊娠発覚から結婚そして離婚へ

同棲生活から5ヶ月ほどたった時、2人の仲は最悪でした。
どっちが出ていく出ていかないの話まで発展しており、破局は秒読みでした。
※冷静に考えたら、私が転がり込んだので、出てけよって話です。

そんな毎日を送る中、彼女から衝撃の一言をカミングアウトされます。
「子供ができちゃった・・・」
ドラマのようなセリフですが、ガチでした。

頭が真っ白になったのを覚えています。

そうなると、流石に産む産まないの話になるのですが、自分たちは産む選択しました。
自分が子供が好きなのと、彼女が口ではなんだかんだ言っても産みたいことが明らかだったからです。

そして結婚をし、カワイイ女の子が誕生しました。

が、忘れてはいけないのは、2人の仲は破局寸前だったという事実です。
実は、出産前から喧嘩をかなりしており、夫婦仲は新婚だというのに最悪な状況だったのです。
トドメに、自分の仕事は超絶ブラック企業ということもあり、帰宅は終電、さらに元嫁の両親とも価値観が合わないというダブルパンチでした。

破局の日はそう遠くなかったのです。

そしてXデーが訪れます。
ここでは詳細は避けますが、主に嫁側の落ち度で離婚が成立。
養育費は取られないが、子供には二度と会えない約束が結ばれ、2人は別れたのです。

娘に会えないのはとても辛いのですが、このまま夫婦生活を続けても仲の悪い両親を見せることになったので、どこかホッとしていた自分もいました。

26歳~31歳 酒に溺れる

典型的な破滅の仕方ですが、離婚したあとは31歳まで酒に溺れておりました。
基本的に酒はあまり飲めない体質なのですが、この間に酒を飲みまくり、気がつけば酒豪と言われるようになりました。

この間、チョイチョイ女性と付き合っていたのですが、誰に対しても本気になれず、結局酒に逃げるということを繰り返しておりました。

結局この間に、一生独身でもいいんじゃないかと思うようになってきました。
完全にこじらせていた暗黒時代です。

32歳~現在 仕事に集中し始め、ようやく人生の伴侶を探そうとする

32歳の時に転職をしました。
その転職先では法人営業をしており、とてつもない大きなクライアントを担当することになりました。

結果は手も足も出ずにボコボコにやられ、初めて仕事で挫折を味わいました。
また、飲めない人間が酒を飲み続けたためか、肝臓の数値がとんでもないことに・・・

これを機会に仕事に真剣に向き合うようになり、営業から企画に移動、その後転職してマーケティングを行うことになりました。
最近では、仕事に打ち込んだ成果も出てきて、ある程度仕事はうまく回っています。

その一方でプライベートはこの期間にガタガタになってしまいました。
理由は、仕事に打ち込んだ&肝臓の調子が良くなかったため、友人との付き合いが悪くなってしまい、飲み会に呼ばれなくなってしまったこと。
残った友人も次々と結婚していき、遊ぶ人がいなくなったこと。

ひとりで生きて行くのはわりと平気だと思っていましたが、いざこういう状況に自分が陥ると、寂しいものです。
また、このまま大きな病気が発症して、救急車を呼ぼうとしても苦しんで呼べず、そのまま孤独死をしてしまうのでは???とい考えも出てきました。

そんなこともあり、婚活に踏み切ったのです。

人生の伴侶を探そうとしても最初はうまくいかず・・・

いざそう思い、婚活を初めてみましたが、最初は当然うまくいきません。
当たり前です。

自分は恋愛と言う名の戦場から6年以上も遠ざかっていたからです。
昔はそれなりに、合コンや紹介などあってノリで付き合うということもありましたが、この年になってくると、ノリは存在せずに人間的な中身や年収など将来性を見られます。

女性からそういった見方をいままでされて来なかったこともあり、最初の頃は右往左往するだけで、婚活アプリを使っても全く出会えませんでした。
また、婚活アプリの特性も理解せずに、自分の需要がないアプリで一生懸命がんばるという的外れなこともしてしまったと思います。

しかし、仕事がマーケティングということもあり、市場分析や自分の売り込み方法を見直すことで、段々と婚活アプリで出会えるようになってきました。

このサイトは自分のように30代後半で恋愛という名の戦場での戦い方が判らないアナタに向けたサイトです。
20代~30代前半の方には当てはまらないことがあるかもしれませんが、30代後半の方へは自分が実践してきたことを行うことで、出会いの機会が増えると思います。

このサイトで30代後半の婚活アプリでの戦い方を学んでいただき、出会いの役に立てれば嬉しいです!

更新日:

Copyright© 30代後半でも婚活アプリで出会える! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.