実際に使って検証してみた!

30代後半でも婚活アプリで出会える!

プロフィールの作り方

Omiaiでマッチング率を上げるプロフィール写真の撮り方

更新日:

フルサイズのデジタル一眼レフカメラ

Omiaiでは写真の撮り方は非常に重要になってくる。

なぜならば、相手を探すとき、こちらからいいね!を押して相手に表示されるとき、すべて写真が表示されるからだ。

そのため、写真がイケてないと残念ながら相手からいいね!が押されずいつまでマッチングできない!

では、どのような写真を撮れば良いかこのページで解説していくぞ!

写真を撮るポイントは5つある

Omiaiで使う写真を撮ると言っても、どのような写真を撮れば女性受けが良いか判らないだろう!

ただ、安心してほしい、様々な写真を撮って検証した、女性受けの良い写真を教えるぞ。

ポイントは以下の5つだ。

  • 笑顔
  • 清潔感
  • 写真は室内ではなく、外で撮る
  • 加工はほどほどに
  • 写真の種類は、アップ×1、趣味の写真×3がベスト

以下からどういうことか解説していくぞ。

笑顔の写真を撮る

笑顔

逆の立場に立って考えれば非常に判りやすいのだが、以下の写真の女性がいたらアナタはどう思うだろうか?

  • 眉間にしわが寄っている
  • 口がヘの字口
  • 不機嫌そう

さあ、この子にいいね!を押したいだろうか。よっぽど物好きでない限りマッチングをしたいと思わないだろう。

この考えは当然女性側も同じだ。

ならば答えはかんたん、笑顔が素敵な写真を撮れば万事解決だ!

笑顔を作るには以下のポイントを押さえておくことが重要だ。

  • 口はイを発音しながら口角を上げることを意識する
  • 目も笑う

実際に鏡を見ながら試してほしいのだが、この2点を意識するだけで、かなり良い笑顔が作れただろう。

こんなことをしたことないという人は、お笑い番組をYoutubeなどでもいいので再生して、爆笑している隙にとってしまうのも手の一つだ!

清潔感を出す

清潔感

いくら笑顔が素敵でも、不潔な男は嫌われる。そのために、以下の点が引っかかてないか確認してほしい。

  • 髭が汚くないか
  • 髪型は整っているか(できれば短髪かつおでこ出しがベスト)
  • 鼻毛やフケは出ていないか
  • 顔はテカってないか
  • 歯はきれいか

これらがなぜダメなのか順を追って解説していくぞ!

髭が汚くないか

Omiaiのプロフィールの写真は小さいので、大丈夫と思われがちだが、髭はちゃんと整えた方がよい。

顔がアップの写真だと以外に髭の剃り残しなどがバレてしまう。写真を撮る前にキッチリと髭は剃っていくのだ!

また、髭を常時生やしている人も中にはいると思うが、できる限り剃った方がいいだろう。

よほど似合うなら話は別だが、大抵の日本女性は髭が嫌いだ!

以下のサイトを見てほしい

「ヒゲあり男子」「ヒゲなし男子」女子ウケがいいのはどっち?

この通り、髭がある男性を好きな女性は5.9%しかいない。そして、自分の髭を触ってほしい、チクチクするだろ。キスの時に邪魔だ!

どんなに性格が良くとも、キスができない男は恋愛ができない男と同義に女性から見なされる可能性があるので、髭は剃っておくに越したことはない。

おでこが出ているか

清潔感のある髪型で画像検索すればわかるが、ほとんどが短髪かつおでこが出ている。

これがどういう事かというと、いわゆる一般的に清潔感のある髪型は短髪かつおでこが出るソフトモヒカンなどに代表される短髪がウケが良いということだ。

その女性ウケを狙うために俺は髪を切ったくらいだ!しかも、美容院に行って女性の美容師(巨乳)さんを指名し、ヘアカタログを見せながら「この髪型なら清潔感でますか?」と聞いて、間違いないとお墨付きをもらった上で髪を切ったので、女性には比較的ウケの良いことは間違いない!

 

ただし、一点注意してほしいのが、カワイイ系の顔をしている場合は多少髪が長めでゆるふわパーマにすることで、女性ウケが上がる可能性もある!

このことから、自分の顔のタイプを客観的に分析し、かつ女性美容師さんに相談することで、自分にあった清潔感のある髪型を作ることができるだろう。

鼻毛が出ていないか

これはもう当たり前なのだが、鼻毛が出てる、フケが服についてる時点でアウト!

髭の項目でも書いたが、写真が小さいから写らないと思わない方がいい。アナタの肌が白くかった場合、写真の鼻の下あたりに黒い線が入っていたら「これ鼻毛?」と女性は気になってしまうだろう。

フケも同様だ!濃い色の服を着ていて、肩に白い物体が乗っていたら、やはり気になってしまう女性もいる。

マイナスになることを考えさせない!これが重要なのだ。

 

写真を撮る前には、鼻毛を切る!フケを肩から払う!を絶対に忘れないでくれ。

顔はテカってないか

女性の写真を見たときに、顔がギラギラしていたらアナタはどう思うだろうか?

おそらく「不潔そう」「肉ばっか喰ってそう」「ベタベタしそう」という印象を持つんじゃないか?

それは女性も同様だ!顔がテカってる男性が好きだという女性にいまだかつて出会ったことはない。

 

対策は、写真を撮る前に顔を洗うか油取り紙を使ってから撮影に挑んでくれ!

歯はきれいか

笑顔で写真を撮ることは前述の通りだが、それに付随して見えてしまうのが歯だ。

歯が汚いと、「キスした時臭そう」「口臭そう」と全くもって良い印象を与えない。

歯の色はすぐにどうにもできないので、とにかく歯にゴミがついていないか写真撮影前に注意してほしい!

写真は室内ではなく、外で撮る

一眼を持つ女性

写真を室内かつ背景が白で撮ってしまうと、殺風景なだけでなく、履歴書の写真かと思われてしまうぞ!

女性がバシッとスーツ来て、背景が白色だと「どんだけ気合が入ってるんだ?」と思わないか?

そのため、写真を撮るなら自然な感じがベスト!なので、外で撮ってほしい。

可能であれば、デートしたらこういうところに行けるんだ的なところをチョイスするのが良いだろう。

これは、女性が見たときに「デートしたらこういうところに連れていってくれるかも!」と想像を促せるところが良いだろう。

ちなみに、俺は自然豊かな公園までわざわざ行って撮影をした。違うページで解説するが、自己紹介文に田舎にいって写真を撮るのが趣味と書いているので、「この人と一緒にデートしたら、自然がきれいな田舎につれていってくれるかも」と想像してもらうための伏線も張れるので一石二鳥だ!

 

なので、アナタの趣味が仮にサーフィンなら海で写真を撮ればそれが伏線になるので、この手法はおすすめだ!

加工はほどほどに

写真を撮ったら、ちょっと光が足りずにコントラストを少し明るくしたい!位の加工なら問題はないが、プリクラの機能にありそうな目を大きくするとか、肌を白く見せるなどはNGだ!なんでNGかって?それは本来の顔がわからないからに決まっているだろう!

顔を加工すると本来の姿がわからないし、いざ女性と会う段階になって待ち合わせた時に、遠目から「全然写真と違う」と思われ、そのまま家に帰られるなんてこともあり得るぞ。

 

そのため、写真の加工はほどほどにしたほうが良いという結論だ!

写真の種類は、アップ×1、趣味の写真×3がベスト

Omiaiでは写真は4枚まで登録が可能となっている。そこでどんな写真を登録したら良いかだが、以下の構成が最も反応が良かった。

胸から上のアップの写真

趣味をしている写真(全身がベスト)

まずは、顔がよくわかる胸から上の写真は必須だ!これをメインの写真にしておけば、顔がNGっと思われない限りはプロフィールまでは見てもらえる。

そして、趣味の写真は全身が写っている写真が最低でも1点はほしい。これは体型を相手に確認させる意味がある。

そして残りは趣味に没頭していることがわかればOKだ。

なぜ、趣味の写真が良いかというと上でも書いたが、こんなところへデートへ連れて行ってもらえるんだと興味を持ってもらえるからだ!

 

以上のことから、メインは胸より上の写真、サブは趣味の写真かつ最低でも一枚は全身が写っている写真を用意しよう!

最後にOmiaiでの写真の撮影方法だ!

カメラ機材

写真の撮影も超重要だ!やってみるとわかるが、明らかに自撮りだときれいに写らないし、いかにも自撮りですという形になってしまい、女性から興味を持たれる可能性が減ってしまう。

また、解像度が極端に低いスマホなどだと、明らかに写真の美しさが他の男性会員と劣ってしまうので、これも避けたほうがいい。

このようにならないために、対策は4つある。

  • 友達に写真撮影をお願いする
  • すごく長い自撮り棒を使う
  • 三脚を使う
  • 一眼レフをレンタルする

具体的な方法は以下で解説していくぞ。

友達に写真撮影をお願いする

これが最もかんたんだ、友達にスマホもしくはカメラを渡して撮影してもらう。

こうすることで自撮り感は全く出ないし、笑顔が硬かったりした場合は指摘してもらえるので、意外に効率が良い。

さらに、カメラが趣味の友達がいれば、腕にもよるが自分で撮るよりもいい感じに仕上がってくるだろう。

すごく長い自撮り棒を使う

これは、趣味の写真かつ全身写真には使えないが、他の写真なら対応できる方法として紹介いておく。

最近の自撮り棒でも良いやつは、全く自撮りしたと見えないものがある。具体的にどういうやつかというと、リモコン付きかつ、棒が長いものだ。

アングルはある程度制約がでるものの、腕でスマホやカメラを掴んでいる感じが出ないので、自撮り感はかなり薄まるはずだ。

投資の額は少なくすむので、あまりコストを掛けたくないと言う人はチャレンジをしてみる価値はある。

三脚を使う

これは持っているスマホやカメラにセルフタイマーがついていることが前提となる方法だ。

三脚があれば手ブレもないし、カメラ側の設定さえ決まっていればかなりキレイにとれる。

ただ、この方法は前述の通り、セルフタイマーがついていなければできないので、自分の手持ちのカメラと相談して試してほしい。

一眼レフをレンタルする

実は一眼レフをレンタルできるサービスが存在しているのを知っているか?

レンタル館 APEX

こういったところで一眼レフと三脚をレンタルすれば、「三脚を使う」で説明した手法が新たにカメラを買うよりも安く実現することが可能になる。

 

Omiaiでは検索に引っかかって興味を持ってもらうために、プロフィール写真は最初の壁を超える大事な箇所なので、ぜひこだわり抜いた写真を撮ってほしい。

Omiaiはこちらから登録

 

-プロフィールの作り方

Copyright© 30代後半でも婚活アプリで出会える! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.